読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

合戦で読む戦国史 歴史を変えた野戦十二番勝負 (幻冬舎新書)

合戦で読む戦国史 歴史を変えた野戦十二番勝負 (幻冬舎新書)

合戦で読む戦国史 歴史を変えた野戦十二番勝負 (幻冬舎新書)

作家
伊東潤
出版社
幻冬舎
発売日
2022-05-25
ISBN
9784344986541
amazonで購入する Kindle版を購入する

合戦で読む戦国史 歴史を変えた野戦十二番勝負 (幻冬舎新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし、つまり勝者に勝因はなくとも敗者には必ず敗因があることを前提に戦国期の戦から教訓を導きだした一冊。テーマ的に勝者だけでなく敗者の記載も多く、勝者によって作られがちな戦争を多面的に見ることが出来るのが特徴といえる。敗因は多々あるが、長篠の闘いや関ヶ原の戦いのように、個人のパーソナリティの部分に負う面が大きい戦も少なくない。情報収集を軽んじる、集団の統制を軽んじるといった性質の人物は揃いも揃って悲惨な最期を辿ってることから、リーダーには不向きということがわかる。

2022/07/02

かずぺん

今の時代にも当てはまる戦国時代です。

2022/06/03

感想・レビューをもっと見る