読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

囚われのアマル

囚われのアマル

囚われのアマル

作家
アイシャ・サイード
相良倫子
出版社
さ・え・ら書房
発売日
2020-05-01
ISBN
9784378015286
amazonで購入する

囚われのアマル / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

absinthe

パキスタンにもこんな貧しい村が残っていたのか。大地主に逆らえず機嫌を損ねると理不尽な罰が下される貧しい村。12歳の少女アマルは全く理不尽な理由で召使にさせられ、こき使われる。それでもやられる一方ではなく、仲間の妬みやいじめも持ち前の負けん気と賢さで切り抜ける。したたかで気品と意志を強く持ち続ける姿は、ちょっぴり『小公女セーラ』を思わせる。(話は似てないけど)憂鬱で読むのをやめたくなる場面もあるが、最後はハッピーエンド。小4の娘がぱぱに勧めてくれた本。良くできた児童文学だと思う。

2020/08/11

ポクロン

パキスタンの話。貧しくて村の大地主に逆らえない家族。ちょっとした喧嘩から召使にされてしまいます。最後はまあ痛快な終わり方ですが、世界のどこかに、まだこういう村が残っているだと思うと胸が痛みます。アマルの将来に幸あれ。

2020/09/04

子供と児童書 読み合わせ

「世の中は公平じゃない!」という主人公の叫び、それと自由への渇望が身に沁みました。舞台は外国の貧しい村です。家事と妹の世話に追われ、学校にも行かせてもらえない少女。彼女は支配層の怒りを買ったために、報復としてその家の使用人にさせられてしまいます。不幸な境遇に変化をもたらしたのは、正しいと思うことを選びとる勇気でした。圧倒的な貧富の差と性別による扱いの違いには驚かされっぱなしでしたね。覚えておきたいと思ったのはこんな言葉。「根に持ったところで、結局傷つくのはあなた自身なのよ」(対象年齢は12歳以上かな?)

2020/11/14

頼ちゃん

過去の話ではなく、現代の話だというのに驚く。ただよかったというだけの最後ではなく、いろいろな問題も提起している。しかし、難しくなく、読みやすいので、子どもたちに読んでもらいたい。アマル、頑張って!

2020/11/05

Incisor

12歳の少女アマルの聡明なまなざし、家族、友達への愛情深い思いに心うたれながらも、物語の冒頭からアマルががんじからめに囚われている様々なものが息苦しくてならない。それが当たり前とされてきたなかで、諦めることなく、大きな一歩を踏み出したアマルに希望の光を感じた。アマルとたくさんの少女の将来にこれからも心を向けていきたい。

2020/06/19

感想・レビューをもっと見る