読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

焼け跡のハイヒール

焼け跡のハイヒール

焼け跡のハイヒール

作家
盛田隆二
出版社
祥伝社
発売日
2017-10-11
ISBN
9784396635305
amazonで購入する

焼け跡のハイヒール / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみねこ

著者のご両親の青春を書かれた作品。昭和20年4月1日に14歳で看護婦養成学校に入学するため栃木の田舎から上京した母、昭和18年に通信兵として大陸に渡った父。両親がどのように出会い、自分たち家族を成していったのか。若き日の母・美代子さんがとても魅力的でした。

2018/01/07

信兵衛

戦時下、あるいは戦地での過酷な状況が描かれていますが、本書全体としては、作者のご両親、2人それぞれの青春期という印象が強いです。

2017/11/06

ピロ

盛田さん読むのは4作め。書店で目に入って手にとった本作、とても引き込まれました。盛田さんの両親の伝記です。戦争を生き抜いた若き父と母の出会いの物語。二人の誕生前から描かれて。終盤ようやく二人は出会います。できれば出会ってからの二人をもうチョッと描いて欲しかったかな。2019#5

2019/04/03

keith

盛田さんの両親が主人公の私小説。通信兵として中国へ出征した父と、東京の看護学校へ入校した母。戦後、その二人が出会うまでの物語。恋愛物語ではなく、中国では決死の行軍、東京では空襲という地獄の状況の中で、必死に生き抜いた市井の人間の物語でした。

2017/12/20

ひいろ

★★★

2018/03/28

感想・レビューをもっと見る