読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ISOROKU 異聞・真珠湾攻撃

ISOROKU 異聞・真珠湾攻撃

ISOROKU 異聞・真珠湾攻撃

作家
柴田哲孝
出版社
祥伝社
発売日
2018-07-11
ISBN
9784396635473
amazonで購入する

ISOROKU 異聞・真珠湾攻撃 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

歴史の証言はどこまでが真実なのだろう。誰の言葉が事実なのだろう。作者は概念としてフィクションであるというーあの頃の世界、ルーズベルトの謀略・・山本五十六が通じていたというのか?それは信じたくないと思うのは私の願望。世界は庶民の知らないところで魑魅魍魎が跋扈して12.8に至ったのだなぁ。そして、天皇の存在の希薄さよ。たらればは詮無いことではあるけれど、もっと早くに降伏してほしかった。いや、戦争など世界から無くなれ!

2018/08/10

とくけんちょ

真珠湾攻撃。それに至るまで、日本はどんな夢を山本五十六という人物を通して描いていたのか。ifとまでは言えないフィクションである。その時、それぞれの心境は想像するしかないが、読み物としては本作は充分に楽しませてもらえる。頭の中だけで展開する真珠湾に侵攻する特殊潜航艇の乗組員。その心中はいかばかりか。想像、妄想するに、息遣いまで聞こえてくるよう。元号でいう平成が終わる、でも忘れてはならない

2018/10/19

まんだよつお

想像力だけで歴史の裏に隠された謎に迫り、それを物語として読者に提供すること――作家冥利に尽きる仕事だろう。だけど本作に限って言えば、さすがにやりすぎじゃないの? ルーズベルトが国民の士気を高め、日本への対抗心を煽るために真珠湾攻撃を黙認したという言説はよく耳にするけれど、ルーズベルトや米国政府の要人、はては山本五十六までがフリーメイソン結社員で、暗黙の密約が存在したとなると、眉に唾する思い。五十六教教祖のH藤氏やA川氏(故人)の感想を聞いてみたいものだ。

2018/11/01

wakusan

ル-ズベルトと山本五十六が共謀して、真珠湾攻撃を行なったとの説が主題になっているが、小説とは言えあまりにも無理がある。 終戦記念日が近いこの時期に読む本では、なかった。残念な一冊です。

2018/08/13

GAMBAなsoccerおやじ

真珠湾攻撃をFルーズベルトと山本五十六の出来レースだったという話。出来レースは行き過ぎだと思うが、アメリカが日本を攻撃するよう仕向けていたというのは、まんざら嘘ではない話でもないので興味深く読むことができた。  誇張はあると思うが、Fルーズベルトが日本人を嫌っていたのは本当のようなので、日本はアメリカの二人のルーズベルトに助けられ、痛い目にあわされたということですねー。

2018/11/18

感想・レビューをもっと見る