読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

完璧な恋の話 (ディアプラス文庫)

完璧な恋の話 (ディアプラス文庫)

完璧な恋の話 (ディアプラス文庫)

作家
渡海奈穂
梨とりこ
出版社
新書館
発売日
2020-07-10
ISBN
9784403525094
amazonで購入する Kindle版を購入する

完璧な恋の話 (ディアプラス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

禍腐渦狂紳士タッキー(りゅうおう)

【森吉さんが、何したって……どんなふうになったって、幻滅できるわけない……(組木)】エロス度★★★〝完璧〟なリーマン同士の恋……しかし、内実は潔癖と八方美人なポンコツ……そんな2人の不器用で下手くそな恋が胸に刺さる作品でした。年下攻めの萌えに加え、ポンコツな森吉を好きになってしまったがために彼に振り回される組木がナイス✨森吉のポンコツ感が素で面白く、常人に理解できないエニグマ感がぱねぇです。森吉の無自覚な恋、振り回されても森吉が好きな気持ちを消せない組木が悶えます♡森吉の弟・庸介の恋も読んでみたいわ〜♡

2020/07/13

しましまこ

仕事はできるが恋はポンコツ…リーマンカプ、楽しかった。

2020/07/18

なみ

電子☆両視点ありがとうございます!!です。いや〜面白かった。攻視点がきたときは、ほらー噛み合ってないじゃんこれは大変だと思いましたが攻がキレてくれなかったらどうなってたことか。それより末弟とのあけすけなやりとりに兄弟スキーな私はひそかに萌えまくって読んでましたがいい方向に傾いてきました♡庸介スピンオフ、読みたいな。(残念、庸介視点のペーパー読みたかったな)

2020/08/24

beniko

面白かった。周囲から絶大な信頼を寄せられ完璧と名高い森吉は自分を見栄っ張りなだけだと評する。そんな彼が本物だと認める後輩の組木に告白をされ、自覚していなかった自分の本当に駄目な部分を知ることになる。誰にでも優しい=特別な人がいなかったという、博愛ではあるけど情の薄い森吉に対し、惚れっぽく、しかも惚れたら一途という情熱的な組木は対照的だけど、きちんと気持ちを見せ話し合うところがよかった。後半は森吉が組木に嫌われたくないあまり暴走、BLあるあるだと思っていたら、そこもちゃんと話して解決。素敵な二人でした。

2020/08/07

みもざ

久しぶりに渡海さんらしさが際立つ作品。欲を云うなら、もっとイタくていいんだよ。

2020/08/05

感想・レビューをもっと見る