読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ギヴン(5) (ディアプラス・コミックス)

ギヴン(5) (ディアプラス・コミックス)

ギヴン(5) (ディアプラス・コミックス)

作家
キヅナツキ
出版社
新書館
発売日
2019-04-01
ISBN
9784403666742
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ギヴン(5) (ディアプラス・コミックス)」の関連記事

秋彦と春樹と雨月の“苦くて熱い恋”―― キヅナツキ原作BLアニメ「ギヴン」映画化決定!

 キヅナツキ原作のBLアニメ「ギヴン」の映画化が決定。ファンから「まだまだギヴンの世界が見れるのうれしすぎィ!」「春樹さんと秋彦のお話を劇場でやるのエモ…」と歓喜の声が続出中だ。  同作は音楽への情熱を失いかけていた少年・立夏が、ある日踊り場で真冬と出会うところから始まる。偶然聴いた真冬の歌がきっかけで、変わり始める2人の距離。立夏・春樹・秋彦の3人で組んでいたバンドに真冬も加わり、物語は加速し始めるのだった―。  BLコミックとしてノイタミナ初のアニメ化を果たした同作は、2019年7月から放送スタート。切ない恋愛と青春バンドストーリーが、「真冬の過去のエピソードには心が締めつけられるけど、でも立夏と出会えたからよかったね~~(泣)」「めちゃくちゃ切なくてキュンキュンする」「原作の美しくて暖かい日常を完全に再現してた… 大好き…」とファンから大好評。  また9月19日(木)深夜に放送された最終回では、同作の映画化を発表。映画では立夏と真冬のバンドメンバーである春樹と秋彦、そして秋彦の同居人・雨月の“苦くて熱い恋”が描かれる予定だ。  これにはファ…

2019/9/30

全文を読む

関連記事をもっと見る

ギヴン(5) (ディアプラス・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

禍腐渦狂紳士タッキー(堕姫)

【俺が!生き方を変えたのは!!お前に見合う男になりたかったからだ(秋彦)】エロス度☆ 第5巻。祝アニメ化!! 秋彦と春樹と雨月の恋の結末がもう泣けますね!秋彦と春樹の恋とは違う特別な甘さが流れる同居生活の空気とは対照的に秋彦が出て行って荒んでいく雨月の世界。秋彦が〝ここから出たい。ここから出て違う音楽をやってみたい〟と言った途端、雨月の中のモノが爆発する場面がゾクリとした。立夏と真冬の高校生組は順調なお付き合いを続けており、泣きそうな目をする真冬にたまらない気持ちになる立夏と(続)

2019/04/06

ブックマスター

真冬の浴衣姿と突然のお泊まりに、冷静なふりして超動揺してる立夏が可笑しい(笑)というか、春樹さんと秋彦さんの関係に立夏は気づいてなかったのか。真冬はぼんやりしているように見えて、ちゃんと気づいてたんだね。春樹さんと秋彦さんがベランダで花火を見るシーンとか、終電逃して寄り道しながら歩いて帰るシーンとか何気ない瞬間の二人がとても素敵。演奏シーンは毎回切なくて胸が苦しくなるけれど、やっぱり好きだなぁ。その流れからの秋彦さんと雨月さんのシーン…。涙なしには読めなかった。雨月さんに幸せになって欲しいと心から思った。

2021/07/31

青龍

カフェに籠もり、BL読書。大人組から目が離せない。高校生は着実に成長しているし、カッコいい大人に向かっている。バンドシーン、実写で見たいわ。

2019/11/17

バジル

雨月さんが愛しいです。そして立夏と真冬が仲良くしてるのをたくさん見たいです。ライブの、真冬の歌にうるっと来てしまった…雨月さん、アニメも田丸さんが良かったあああドラマCD買おう…

2019/07/17

ton

Kindle本。梶さん周辺決着。春樹は報われたけど、雨月…切ないよー…。夏冬カップルの安定の可愛さ。ってオイオイ、バンド内恋愛禁止のはずが、晴れて皆カップルwwええのかそれでwwそれはさておき、各方面で発揮する真冬の癒やしパワー。彼の登場により、それぞれが変化・成長をする。ヘヴィーな経験と、本来持つ芯の強さ故の腹の据わり様なのか?実は彼が一番強い人なのかも。久々の一気読み。続きが待ち遠しい。

2019/07/14

感想・レビューをもっと見る