読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ふたりごと - 戦国夫婦物語 (コンペイトウ書房)

ふたりごと - 戦国夫婦物語 (コンペイトウ書房)

ふたりごと - 戦国夫婦物語 (コンペイトウ書房)

作家
藤見よいこ
出版社
実業之日本社
発売日
2015-03-19
ISBN
9784408414089
amazonで購入する Kindle版を購入する

ふたりごと - 戦国夫婦物語 (コンペイトウ書房) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

歴史は苦手なのにこういうのには惹かれる不思議。どの夫婦も人間味があって素敵な話でした。織田信忠と松姫の話がとても切なかった。

2015/04/13

ユミ

一作目の「ふたりじめ」より感動号泣要素は控えめながら、沁みるお話や実験的なお話が多かったです。個人的に気に入っているのは織田信忠と松姫の「ふたりあんない」です。泣きました…せつない。秀頼と千姫のお話も好きです。この戦国夫婦物語のシリーズ続いてほしいです。

2015/03/21

shizuca

なるほど、戦国の夫婦。いろんなメディアがテーマにしているので話やエピソードで聞いたことのあるものもありましたが、ふむふむしながら読了。夫婦だから側室の話はやはりないのよね。話自体伝わってないのかな。

2015/10/11

getsuki

夫婦の数だけ夫婦の形がある、武将だって夫婦喧嘩するんです(笑)今回も楽しく読ませていただきました、ニヤニヤ。

2015/04/01

あまね

戦国武将夫婦物語。一応史実に基づく? 夫は有名だけど、当時の女性のことは史料が少ないから、名前さえ残ってない人も多いのだろう。戦乱の世の習いとはいえ、政略結婚の駒としてあちこちおくられた姫も、夫婦とての情がなかったわけではないだろう。千姫の逸話は切ない。

2016/06/01

感想・レビューをもっと見る