読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

終電の神様 (実業之日本社文庫)

終電の神様 (実業之日本社文庫)

終電の神様 (実業之日本社文庫)

作家
阿川大樹
出版社
実業之日本社
発売日
2017-02-03
ISBN
9784408553474
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

あと一本前に乗ってたら―― 胸にじんわり。電車から始まる人生の謎。通勤電車は謎と奇跡を乗せて――父危篤の報せに病院へ急ぐ会社員、納期が迫ったITエンジニア、背後から痴漢の手が忍び寄る美人――それぞれの場所へ向かう人々を乗せた夜の満員電車が、事故で運転を見合わせる。この「運転停止」が彼らの人生にとって思いがけないターニングポイントになり、そして……。あたたかな涙と希望が湧いてくる、傑作ミステリー!

終電の神様 (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

電車の人身事故にまつわる短編集。あたたかいストーリーばかりで癒されました。それぞれの話の登場人物の未来が明るいものだと思えるようないい話。『閉じない鋏』『ホームドア』が好きです。

2018/05/15

へくとぱすかる

「ヒューマン・ミステリー」と裏表紙に謳われているが、謎解きの要素はない。しいて言えば、O・ヘンリーのような、ちょっと気の利いた意外なストーリーというところ。登場人物が微妙に重なって、連作をなしているところに興味をひかれる。同じ列車に乗り合わせた人間それぞれの抱えるドラマを、別々の立場から描くような(実際には、そうはなっていないで、微妙にずれる)おもしろさ。

2017/06/29

SJW

夜の満員電車が様々な人々を乗せているが、事故で運転を見合わせる。それによって彼らの人生が思いがけない展開になっていく。痴漢に狙われた人、納期に追われて疲れはてたITエンジニア、競輪選手を恋人にしているキャリアウーマンなど7つの短編集で様々な仕事をプロとしてこなしている人達のハートフルミステリー。多くの仕事について細かく書かれているので仕事小説としても楽しめた。また最後の「ホームドア」にはつい涙腺が緩んだ。

2018/07/31

Δ

満員電車、確かに特殊な空間である。移動手段としてそれを選んだ以外共通項のない人間が押し込められている。方法は同じでも目的はそれぞれ。しかも普段は踏み込んで欲しくない領域まで踏み込まれても良しとして、何もないかのように振舞って降りるまでの時間を過ごす。この特殊な満員状態は期限があるから良しとしているのに、ここで緊急停車、身動きは取れない。身動きが取れないほどであれば連絡も取りにくい。まして最終電車となれば、その後にある約束や移動手段も心配となる。この異常な、不安定な状況ゆえ狂ったまま歯車が少しずつ動き出す。

2017/10/31

Yunemo

終電という言葉に惹かれて。懐かしくもあり、今の現状でもあり、ただ終電を利用すること、ほとんどなくなりました。終電と運転停止、により、偶然性の出会い、過去の時を紐解くポイントそして現実の今、いろいろな要素が織り交ざっての物語。インパクトは、終電での運転停止、そこに乗るいろんな、職業然り、男女・年代然り、嗜好もまた、人達の人生が瑞々しい感性のもと現されます。ジーンときて。タツ子さんの歌、この場面とちょっと違うよね、との想いに。「運転見合わせ中」とは雰囲気違って、ハートウォーミングという謳い文句、その通りかな。

2017/08/06

感想・レビューをもっと見る