読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ストレスの9割は「脳の錯覚」 (青春新書INTELLIGENCE 621)

ストレスの9割は「脳の錯覚」 (青春新書INTELLIGENCE 621)

ストレスの9割は「脳の錯覚」 (青春新書INTELLIGENCE 621)

作家
和田秀樹
出版社
青春出版社
発売日
2021-06-02
ISBN
9784413046213
amazonで購入する Kindle版を購入する

ストレスの9割は「脳の錯覚」 (青春新書INTELLIGENCE 621) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

assam2005

一つの問題に直面した時、いくつ打開案を思いつくか。また、普段でも盲信することなく「本当にこれでいいのか」と疑い、より良い策を取れているか。こういう思考の癖がついていれば、なにか一つに拘ったり拘束されることなく、自分にとってのベストを選択できるという一冊。より豊かな思考ができたら楽なのですが、硬い頭ではそれがなかなか難しい。視野を狭めない、思いつく選択肢を増やす、そしてそれらはまず「疑ってみる」ことから始まる。これがダメなら次はこれ。それが泉のように湧き上がる思考、目標としたいです。

2021/11/22

らっそ

直感おじさんで思い込みが強く、白黒はっきりさせたがる「不適応思考」の持ち主だった。「自動思考」でネガティブになりがち。具体的な対応策がたくさん載ってるので、スキーマを崩して、曖昧をゆるせるようになりたい。昔はもっと適当だったのになー

2022/03/12

Go Extreme

ストレス←脳の錯覚:脳の錯覚 学校教育は洗脳 疑う力 刷り込み 怖がらせて視聴率を上げる 同調圧力 思考グセを捨てる 脳の判断をゆがめる原因:不合理なスキーマ トレス・ストレッサーの違い 人を生かす・潰すストレス 偏った考え方の傾向:認知バイアス 損失回避 コンコルド効果 フレーミング効果 属人主義 ハロー効果 確証バイアス フィア・アピール 気持ちの暴走:不適応思考 自動思考の暴走 二分割思考 完璧主義 こうあるべき思考 当たり前を疑う  ラクに生きるヒント:やってみなきゃわからないが人生を面白くする

2021/07/09

takao

自動思考の矯正:出来事→感情→思考のログをとる、行動・アウトプット

2021/12/14

hannya san

★★★★☆ 疑う力を養う

2021/08/28

感想・レビューをもっと見る