読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人生を変える断捨離

人生を変える断捨離

人生を変える断捨離

作家
やましたひでこ
出版社
ダイヤモンド社
発売日
2018-02-22
ISBN
9784478104569
amazonで購入する Kindle版を購入する

「人生を変える断捨離」の関連記事

ただの片付け本じゃない! 心と人生を明るくできる断捨離術

『人生を変える断捨離』(やましたひでこ/ダイヤモンド社)

 断捨離本というと、片付けのテクニックのみが解説されているというイメージが強いだろう。しかし、本書『人生を変える断捨離』(やましたひでこ/ダイヤモンド社)は、人生をブラッシュアップする術を教えてくれる。

 著者のやました氏によれば、断捨離とは「出す」「入れる」を繰り返しながら、モノや空間、自分自身を洗練させ、「今、ここ、私」を生きるための新陳代謝の「美学」なのだそう。断捨離によって、モノを「断」ち、ガラクタを「捨」てれば、執着も「離」れていくのだという。

 本書ではキッチンやトイレなどの部分ごとに適切な断捨離の仕方が記されているのも特徴だ。断捨離を行おうと思うと、モノを何とかして捨てようと考えてしまうことも多いが、モノは無理に捨てたり手放したりするのではなく、あくまでも自然に出すことが大切なのだとやました氏は語る。

 こうしたアドバイスを参考にして、実際に筆者も本棚の断捨離を決行してみた。その際、胸に響いたのが“本を絞り込むコツは、自分にとってその本は美味しいのかどうか”というフレーズだ。本棚を…

2018/3/31

全文を読む

関連記事をもっと見る

人生を変える断捨離 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ごへいもち

やっぱり物を減らすのが第一。イラストは気に入らない

2018/04/14

もも

物を捨てられなかったり、片付けられないのには原因がある。物に向き合い、本当に必要なものだろうか?を考えることは、自分と向き合い自分を大切にすることでもあるのだと知った。手放せば入ってくる。執着していことを手放すことで、新しい自分に出会うことができるのだ。読み終えてから、洋服や本を捨てた。思い切って捨てると気分が晴れやかになり、スペースも空く♩

カタコッタ

私の近い将来の希望、それは70歳までに準ミニマリストになっている事です。このまま少しづつ断捨離を続けて身の回りを見直すことができればそれは可能のような気がしてきています。やましたひでこさんの本を読むたび、気持ちを奮い起こして思い切った整理をしています。私の周りにお気に入りの物だけ有れば良い、今はそんな気持ちです。

2018/04/14

うっきー

自分が片付けられない理由が何となくわかりました。 まずは自分の物を使いきる所からはじめます。

2019/06/25

Kenji Nakamura

毎日最低1個はすてていますが、確かにすてて困った事は、一度もありません。

2019/10/06

感想・レビューをもっと見る