読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ノーサイド・ゲーム

ノーサイド・ゲーム

ノーサイド・ゲーム

作家
池井戸潤
出版社
ダイヤモンド社
発売日
2019-06-13
ISBN
9784478108376
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ノーサイド・ゲーム」のおすすめレビュー

今期大注目の社会人ラグビードラマ『ノーサイド・ゲーム』 半沢直樹、下町ロケットに続く池井戸作品の魅力とは?

『ノーサイド・ゲーム』(池井戸潤/ダイヤモンド社)

 ラグビーワールドカップまでいよいよ100日を切りました。それに先立ち、7月7日からTBS系列でラグビードラマ『ノーサイド・ゲーム』が始まりました。原作者は「半沢直樹」でもおなじみの池井戸潤氏。企業小説の名手が描くラグビーは選手ではなく、「外側から関わる人々」という切り口でした。

■ラグビーを「外側から」描く――企業所属のラグビーチーム

 舞台は、トキワ自動車という自動車メーカー。経営企画室に所属していた主人公・君嶋隼人は突然、ラグビーチームのゼネラルマネージャー就任を命じられます。「プラチナリーグ」を戦うトキワ自動車のチーム「アストロズ」は成績も低迷中、集客もない会社のお荷物的存在。実質的な左遷人事です。君嶋は腐ることなく、社会人ラグビーを取り巻く現状と関係者が描く理想とのギャップに驚きつつ、チームを改善する決意を固める。アストロズを存続・優勝させるために戦い始めます。

 実は日本ラグビーは基本的にはアマチュアの世界。各チームは企業の一部であり、社員である選手も多いのです。つまり、会社の一存で予算、…

2019/7/28

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ノーサイド・ゲーム / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

面白い。もはや安定の池井戸印。都合が良すぎる新監督の登場や、スタープレーヤーの発掘、劇的に伸びすぎる動員数などなど、話が上手すぎて、普通は白けるところなのに、ちゃんと"アツい展開"に転化出来ている。スポーツの描写も、第二のお家芸としてすっかり定着し、最後の試合なんかはかなり熱くなった。ここをレナ視点で読ませるあたりが上手。こういう真摯なファン目線を入れることで、そしてほんのりロマンスの可能性も匂わせることで、ラグビーのルールを知らなくても、全く作品の良さは損なわれないように作られている。

2019/06/16

starbro

池井戸 潤は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。ドラマ放映期間中に読めました。 https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/ ラグビーのワールド・カップとドラマのタイアップ小説かと思いきや、ドラマとかなり設定が違う正統派企業スポーツの感動作でした。主人公のキャスティングは、大泉 洋ではないと思います。下町ロケットの吉川 晃司とかの方が、まだ良いのではないでしょうか?妻役の松 たか子は、原作では一切出てきません(笑)

2019/07/25

ウッディ

経営企画室から工場の総務部長に左遷された君嶋は、会社のお荷物となっていたラグビー部のゼネラルマネージャーとなり、チームを立て直す。ドラマを観て、ストーリーや結末はわかっているのに、池井戸さんの小説はなぜか心が熱くなり、涙が溢れてしまう。ワンチームそしてノーサイドの精神は、熱い企業戦士たちの生き方に近く、こんな風に仕事をしたいと憧れます。アストロズのメンバーが裏切り者の里村にエールを送る場面は、痺れました。ワールドカップの余韻が残るこの時期に読めたのも良かった。やっぱり池井戸小説、だいすきです。

2020/01/18

Yunemo

ラグビーですか、まさに旬。商業的戦略がまさに功を奏します。とは言っても、やっぱり熱い、涙腺を刺激する作品に仕上がってます。野球に続いての社会人スポーツラグビー。企業における運動部への対応、経済合理性を考えれば、あるいは収益の在り方により存在価値が違ってきます。経営戦略室というまさに企業の頭脳からみて運動部という存在。ゴーイングコンサーンに資本の論理の他に地域貢献・密着があることも理。部内でのレギュラー争いという人間模様、民間出資からだけで生き延びる協会、真の意味での経営者とは。いろんな要素を織り込んで。

2019/08/18

bunmei

やはり、池井戸作品は外れがないですね。それに、ワールドカップ日本開催前のこの時期にラグビーをテーマに、日曜ドラマとのタイアップというのも、本の購買増に貢献する、正に企業戦略。これまでの池井戸作品のような大企業vs中小企業の構図だけでなく、企業ラグビー部の在り方と存続をかけた、男達の闘いがテーマとなっています。つい、同じ経営に携わる者として、ゼネラルマネージャーの君島に肩入れして読んでしまいますし、自分がアストロズの1ファンになったような錯覚の中、最後の試合場面は、結末がわかっていても、引き込まれました。

2019/07/07

感想・レビューをもっと見る