読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ザ・プロフェッショナル

ザ・プロフェッショナル

ザ・プロフェッショナル

作家
大前研一
出版社
ダイヤモンド社
発売日
2005-09-30
ISBN
9784478375013
amazonで購入する

ザ・プロフェッショナル / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まめタンク

これはハウツー本では無い。大前研一氏が次世代を担うビジネスマンへのラブレターである。「プロフェッショナルは感情をコントロールし、理性で行動する人です。専門性の高い知識とスキル、高い倫理観はもとより、例外な顧客第一主義、あくなき好奇心し向上心、そして厳格な規律。これらをもれなく兼ね備えた人材を、私はプロフェッショナルと呼びたい」とあるように、次世代を生きるビジネスマンへの処方箋を教えてくれる。資本主義は変化し、「サイバー経済」「ボーダレスワールド」「マルチプル経済」の普及により、時代は激変している。

2011/04/05

手押し戦車

ニュートン的な時代は頭がいいのは100点を取ってミスを犯さない事だとするとダーウィン的な時代は頭がいいのは新しい土俵を作り事が出来る事を意味する。スキーに挑戦しなければ雪山で転ぶことはない。成功するには失敗は避けて通れない。真面目、やんちゃ、着実に仕事をこなす、突拍子も無い事を思いつく人達の集団は振れ幅が大きく環境が変わっても生き残る。2アウト満塁9回裏1点差打席は投手代打一回もヒットを打った事が無い選手をどの様に声をかけるかで真のプロが問われる。プロとはお互い失敗を許容し勇気を持って実践し合う仲間

2014/08/12

haru

★3/5 んー私にはまだ難しいのかな?文字を目で追っているだけな感じだった。 質問力がない自分には耳が痛いところも。あと右脳を全然使えてないと思うから治したいな。

2016/09/14

JEN

初めて大前研一さんの本を読んだけど、とてもロジカルだなぁと思った。 これからの時代に求められる先見力は、見えないものを見る力。 今の時代は、完成した瞬間から陳腐化が始まる。

2015/07/14

flat

プロフェッショナルとは何か、自分の仕事に対するスタンスについて改めて考え直す良い切っ掛けとなってくれた。自分の仕事の持つ意味の様なものは目先の仕事に追われてつい尚ざりになってしまい置き去りにされがちである。今一度見つめ直してみたいと思う。

2015/04/30

感想・レビューをもっと見る