読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

作家
本田健
出版社
大和書房
発売日
2006-02-09
ISBN
9784479300083
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「お金の話なのに泣けた」「この本を読んだ日から人生が変わった」……アメリカ人の老富豪と日本人青年の出会いと成長の物語は、これからの人生を豊かに生きていくヒントに満ちあふれ、大きな反響を呼んでいる!「お金の法則を学ぶ」「失敗とうまくつき合う」「スピーチの天才になる」「人脈を使いこなす」「自分のビジネスをもつ」などなど、成功力がつく!

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Shoji Kuwayama

お金と幸せに関する自己啓発本とでも表現すべきでしょうか。成功哲学を読みやすい平易な表現で綴っています。著者ご本人も成功した側(私はそう思っています)なので、少しでも真似してみるべきでしょうか。成功者は自由人、そして成功していない者は不自由人と表現していました。小市民である私はもちろん不自由人。そうそう人生は甘くない。「光が指す所には影も出来る」とも書かれていました。ユダヤ人大富豪の教えは置いといて、せめて明るく楽しく元気よく生活して行こう。

2017/10/17

扉のこちら側

初読。一時500冊を超えた読みたい本リストも残り100冊を切りましたが、こうして登録から間があいて熟成させてしまった本はいったいどれだけあることやら…。この本にあった「お金に関する幼少期のネガティブな体験 」は私にも心も当たりがある。 お金との付き合いも子どもの頃からの訓練が必要なんだな。

2013/01/06

ハミング♪♪@おでんツアー&音楽(カラオケ)オフ会開催したい☆☆

やっと読めた。この本を読めて本当に良かった。メモしたい言葉というか、常に心の奥底に留めておきたいことがたくさん書かれてあった。様々な感情を呼び起こしてくれたし、色々なことを考えさせてくれた。あらゆる面で感嘆したり、納得したりした。それは、非常に思い当たることがあったからだろう。本田さん、そしてゲラー氏、本当にありがとう。すぐに絶望してしまう今の自分に何度も読ませてあげたい。「幸せになるには、三つの鍵が要る」「自分が誰かを知ること」「自分の好きなことを追いかけること」「自分と周りの人を愛して、愛されること」

2016/01/06

papako

こちらの感想で気になって。序盤は反感しか覚えられなかったが、中盤以降『あ、これは人としての話だ』と思ってからがよかった。全てにうなずけるわけではありませんが、後からじんわりと迫ってきました。また、再読してみたいです。

2016/05/17

dorebook

「お金を儲けようとあまり思わないこと。ビジネスに敏感で、商いで儲けようとする。むろん損するのは嫌いですが、商売は金儲けの為にするのではなく社会の為に何をするのか。社会に貢献しなければならない。それが人間の生きがいであり、プライドが大事だと思っています」以上、福寿園の福井会長の言葉であるが、まさしくこの本を実践していると感嘆。仕事をする意味、お金を稼ぐ意味、それをどの様に遣うかの意味を忘れず、不自由人から自由人に脱皮できる人生を歩んでいきたいと思った。

2016/05/23

感想・レビューをもっと見る