読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スタンフォード式人生を変える運動の科学

スタンフォード式人生を変える運動の科学

スタンフォード式人生を変える運動の科学

作家
ケリー・マクゴニガル
神崎朗子
出版社
大和書房
発売日
2020-05-09
ISBN
9784479797241
amazonで購入する Kindle版を購入する

スタンフォード式人生を変える運動の科学 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミライ

スタンフォードシリーズのケリー・マクゴニガルによる最新著書。今作は、運動についての効用を解説した一冊となっている。体を動かすことで、身体を健康に保てるのはもちろん、脳も活性化する。運動はいいことづくめだが、続けるのは難しい、6週間続けることができれば恒常的に運動を続けられるようになるという。そのほか音楽と運動を組み合わせたり、他人と一緒に運動をすることの利点が紹介されている。骨折していても運動をやめられない運動中毒もあるらしいが、自分も毎日運動しないと落ち着かないタイプなので、気持ちはわかる気がする。

2020/05/21

R

スタンフォード式なる、新しい運動メソッドだと思ったら、運動効果の科学的検証成果の報告本でありました。いや、それでもいいんだけど、もうちょっと、運動の方法にアプローチしてほしかった。運動があらゆることを解決すると、それに近しいよい効果が解説されていて、マラソンで泣いたり、突然全能の存在を知覚したり、中毒性が現れたりとか、健康的なドラッグ的な扱いをしていて興味深かった。習慣化は凄いところで、足が折れても走りたくなるような人もいるそうだが、その域に到達するにはどうしたらいいんだろうか。

2020/12/26

かなた

運動は、孤独を防ぐことがらできる。 週3×6週間でも不安が軽減 グリーンエクササイズ →自然の中で行う運動 →気分を穏やかにしてくれる

2020/05/12

hannahhannah

運動の効能を説く本。高揚感、集団でのエクササイズ、自然や音楽との併用、レジリエンスを高めるなどが人々の体験談や科学実験を基に書かれていた。グループエクササイズというとクロスフィットを思い浮かべたが、やはり出てきた。日本にはボックスが少ないんだよな。しかも狭くて会費が高い!クロスフィットジムだけではないが、アメリカのジムは広くて会費も安い。まぁ全体的には日本の方が住みやすいと思うけどね。ケトルベルやタフマダー、ウルトラ耐久レースも出てきた。運動は自信、幸福度、判断力を高めてくれるし最高だ。

2021/04/11

ATS

運動は健康的に生きていくために重要だなと再認識。ある程度勉強している人にはとくに目新しいトピックはない。平易に書かれていて読みやすい。運動中はマイオカインというホルモンのような物質が筋肉から分泌される。2018年の論文によれば1時間のサイクリング中に大腿四頭筋から分泌されるタンパク質は35種類にも及ぶという。それらの作用は筋肉増強や血糖値の調節、炎症の緩和、がん細胞の破壊など多岐にわたる。『臓器たちは語り合う』(https://amzn.to/3c0fIUK )を合わせて読むとよいのではないかと思う。

2020/05/24

感想・レビューをもっと見る