読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

マンガ 認知症 (ちくま新書)

マンガ 認知症 (ちくま新書)

マンガ 認知症 (ちくま新書)

作家
ニコ・ニコルソン
佐藤眞一
出版社
筑摩書房
発売日
2020-06-09
ISBN
9784480073228
amazonで購入する Kindle版を購入する

マンガ 認知症 (ちくま新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nyaoko

ニコさんの漫画はいつも読んでて、婆ルが認知症になり、施設に入るまでの在宅介護がとても大変だったのも「私のおばあちゃん」で読んで泣けました。認知症心理専門のサトー先生とタッグを組んで出されたこの本、介護職としてもう、色々目からウロコでした。どーして夕方になるとみんな家に帰りたくなるのー!どーして汚れたパンツをあちこちに隠すのー!どーして違う記憶になるのー!どーしてどーしての理由が詰まってます。親が認知症になったら、もう影も形も消えてなくなった生家を探すのかと想像して、ゾッとする半分、せつない半分。

2020/07/19

カンジ

相手を気遣うケアが、いつのまにかコントロールに変わってしまうことがある ハッと刺せられる言葉です。日々のケアに慣れてしまわないよう、初心をいつも忘れないためにも、こういう本は定期的に読まないといけないな、と思う。

2020/07/09

ayaeh

マンガと文章との二本立てで話を進めていくもの。介護者あるあるのなぜ?を、認知症の行動理由をもとに紐解くもの。とてもわかりやすく、近い未来自分の親にも起こり得ることを学ぶ良い機会に。なんなら幼児に置き換えて考えられるエピソードもあり。

2020/06/13

鵞鳥

漫画の力は素晴らしい。

2020/06/22

おうどん

とても読みやすいし、涙が出て、心が軽くなった。認知症の方がどう考えて行動に至るのかを少しでも理解できれば私達の受け取り方も変わってくる。大好きな母だから、大好きなおばあちゃんだから、大切な思い出がいっぱいあって、まだまだ返し足りないからこそ、変化に戸惑いついていけなくて、怒ってしまってそんな自分を反省する。一緒に生きてきたしこれからも生きたいから。この本に出会えて良かった。

2020/06/14

感想・レビューをもっと見る