読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

作家
藤原 正彦
小川洋子
出版社
筑摩書房
発売日
2005-04-06
ISBN
9784480687111
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

数学とは当面は何の役にも立たないが、後世になって非常に役立つこともある、という奥床しい学問である。そうすると、何によって価値判断するかというと、主に「美しいかどうか」なのであり、美的感受性を育てることが非常に重要である――ガウス、ラマヌジャン、谷山豊と古今東西の天才数学者たちのエピソードも交えながらユーモア溢れる語り口で、数学の美しさを証明していく〈世にも珍しい〉対談集。

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

数学者の世界が垣間見えたような一冊だった。数学をそんなに知らない人でもスラスラと読めそうな内容でわかりやすかった。

2012/01/30

あんこ

こんなに素晴らしい数学案内が児童向けのプリマー新書から出ていることにある種の希望を感じる。『博士の愛した数式』で数学の美しさに気づいたが、これを読んでますますその奥深さと美しさを感じた。高校までは公式を暗記することに精一杯で、計算は不得意ではなかったけど好きでもなかった分野。これほど美しいものが隠されていると知っていたら好きになっていたかもしれない。紡ぎだされる証明を眺めていると、素晴らしい文学作品や芸術を目の当たりにした時と似たような崇高さを覚える。まさに、それ自体に物語があるのだと感じた。

2014/06/15

さおり

とても易しい言葉で、興味を持てるようなカタチで書いてくれているだろうに、それでも時々ぼーっとなった。一応最後まで読めたことを評価すべきか。久しぶりに「博士の愛した数式」再読しようかな。ところで私みたいなんは、いたずらに宇宙人に遭遇しないように気をつけないと。数学の話で知性がわかるとしたら、私が対応した場合地球人はだいぶなめられてしまいます。

2014/11/23

たー

「天才の栄光と挫折」も「博士の愛した数式」も好きなので、面白かった。

2013/02/15

ぶんこ

以前NHKの特集で宇宙と数学が真理を解き明かす・・といった番組を見ました。学生時代苦手だった数学が、こんなにもロマンに満ち溢れ、神の領域への足掛かりであり、こんなにも美しい世界を創り上げた不思議を思うと、神の存在以外にありえない。そう思い感動しました。小川さんは、私が難しすぎて頭から追い出した部分を、どこまでも追い続ける凄まじいまでの好奇心、探究心を持たれていると驚嘆。三角形の和が、どんな形の三角形でも180度だということの美しさを小学生で教えてもらえていたら、数学の面白さに夢中になったかな。

2016/09/21

感想・レビューをもっと見る