読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

佐野洋子とっておき作品集 (単行本)

佐野洋子とっておき作品集 (単行本)

佐野洋子とっておき作品集 (単行本)

作家
佐野洋子
出版社
筑摩書房
発売日
2021-03-13
ISBN
9784480805010
amazonで購入する

佐野洋子とっておき作品集 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

絵本は、何作か読んだことがありますが、絵本以外は初読です。童話、エッセイ、戯曲等、バラエティに富んだ作品集、オススメは、『私の服装変遷史』&『こどものためのお芝居』です。しかし夫 谷川 俊太郎、妻 佐野 洋子というのは、ビッグ・カップルでしたね。 https://www.chikumashobo.co.jp/special/sanoyoko/

2021/05/30

kei302

「本書は没後10 年なのに、次々に「発見された」単行本未収録作品をまとめた一冊です」 自宅から発掘される“書き散らされた”作品を集めた作品集。佐野さんらしいです。 手描きの〈服装変遷史〉コメントもイラストも楽しめました。 美大時代の思い出を綴ったエッセイが強烈で、やっぱり超個性的だったんだと思い知らされました。 「埋蔵品の発掘はまだまだつづく予定です」だそうで、楽しみ。

2021/03/11

yumiha

没後10年なのに単行本未収録作品が見つかり(実に佐野洋子らしい)、それをまとめた本書。一番の驚きは、戯曲「丘の上のおばさん」。ちゃんと初演日も書かれていた。こんな仕事もされていたのね。不思議なおばさんと対等にやり合うルル君は、佐野洋子の分身のようだった。ニヤニヤしてしまったのは、元夫の谷川俊太郎から提供されたエッセイなど。どう見ても(読んでも?)生真面目な谷川俊太郎を掌に載せて、ぶんぶん振り回して翻弄している佐野洋子の姿が浮かんでくる。そして、それが佐野洋子の甘え方なのかなあとも思った。

2021/06/23

キラ@道北民

単行本未収録作品集。没後10年にして発掘している埋蔵作品、まだまだあるらしい。戯曲が面白かった。舞台観てみたかったなぁ。エッセイでは「ノブコの五十音表」がいい。重篤な病気になりながらも笑いが絶えないノブコさんの家族、眩しすぎる。飾らない率直な文章で洋子さんの思いが真っ直ぐ届く。

2021/06/05

くさてる

単行本未収録の作品集。というわけでいささか落穂拾い的な内容ではあるけれど、そこかしこに佐野洋子らしさというか、彼女だけの視点や言葉が見つかるので、ひさしぶりに佐野洋子を読んだな、という思いに浸ることができました。谷川俊太郎と結婚していたっていうのが、あらためてすごいなあと思います。

2021/07/14

感想・レビューをもっと見る