読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

海をあげる (単行本)

海をあげる (単行本)

海をあげる (単行本)

作家
上間陽子
出版社
筑摩書房
発売日
2020-10-29
ISBN
9784480815583
amazonで購入する

「海をあげる (単行本)」のおすすめレビュー

「今月のプラチナ本」は、上間陽子『海をあげる』

『海をあげる』

●あらすじ● 「海が赤くにごった日から、私は言葉を失った」──大学で教鞭を執りながら、幼い娘と普天間に暮らす著者が綴る、沖縄の日常。性暴力や基地問題など理不尽な暴力におびやかされ、言葉に表せない苦しみを抱えて沈黙しつづける沖縄の人々の想いを、研究者として、そして母として、丁寧に聞きとり記録した初めてのエッセイ集。 うえま・ようこ●1972年、沖縄県生まれ。琉球大学教育学研究科教授。普天間基地の近くに住む。90年代から2014年にかけて東京で、以降は沖縄で未成年の少女たちの支援・調査に携わる。16年夏、うるま市の元海兵隊員・軍属による殺人事件をきっかけに沖縄の性暴力について書くことを決め、翌年『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』(太田出版)を刊行。現在は若年出産女性の調査を続けている。共著に『地元を生きる 沖縄的共同性の社会学』(ナカニシヤ出版)など。

上間陽子筑摩書房 1600円(税別) 写真=首藤幹夫

編集部寸評  

言葉にならないものを言葉で伝える 本を好きなあなたは、日常的に言葉に触れているはずだ。言葉によっ…

2020/12/4

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

海をあげる (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちゃちゃ

碧い海、緩やかな時。沖縄には本土にはない豊かな自然と癒やしの時間がある。けれど、2018年辺野古の海に土砂が投入される、普天間飛行場の移設先として。著者は最後に静かに問いかける「あなたに、海をあげる」と。本を閉じたとたん、肩にずしりと重みを感じた。背負わなければいけない様々な日本の課題を、私たちは“美しい”沖縄に押しつけている。政治という名の理不尽な暴力で、沖縄の人々の暮らしや人生が破壊され蹂躙されている。その現実を黙して見ている自分がいる、という痛み。沖縄の沈黙の声を、真率な筆で掬い上げたエッセイだ。

2021/03/24

ひこうき雲

「重い」と感じるということは、自分がどれだけ辛い目にあわなかったか、もしくは現実に向き合わなかったかということ。

2021/01/03

アキ

著者は沖縄の性暴力を専門とする社会学者。12篇のエッセイは未成年で出産をした少女にまつわる話やそれに関わる男性へのインタビューなどから成る。重くてつらい現実に、3歳の娘風花の微笑ましい言動に力をもらう著者の姿に救われる。東京で暮らして軍機の音が聞こえないと驚き、4歳の娘に性教育を始める必要性を感じるのは、沖縄で小学生が強姦されるという現実と、東京で無神経に報道されるマスコミへの嫌悪感の裏返しなのである。海をあげるというタイトルは、美しい青い海に土砂で赤く濁る景色をどう捉えるのか、読み手へ託す思いでもある。

2020/12/26

どんぐり

『裸足で逃げる:沖縄の夜の街の少女たち』を著した社会学者の上間さんが「Webちくま」に連載した9篇を含むエッセイ12篇。表題作の〈海をあげる〉は、新しい基地建設で辺野古の海が埋められ、オスプレイやジェット機の騒音のなかで子育てをし暮らす沖縄のいまを、「この海をひとりで抱えることはもうできない。だからあなたに、海をあげる」という言葉を託して終えている。他に援助交際をする少女たち、基地問題と暴行事件、娘さんのことなど。読みやすい文章だが、意味は複雑である。

2021/07/03

淫獣鬼ゴリラ・花小路麗子はSDGsを応援します。

これは今年出た本のベストテンに入れたいエッセイ集。著書を作家かと思っていた。しかし私が不勉強で知らなかっただけで、作家ではなく学者だった。それもかなりシビアな現実と格闘する学者である。易しくて上手い文章だが、第一章でいきなり胸を鷲掴みにされた。一人でも多くに読んで欲しいから言わないが、男の私が泣いてしまった。女性になった気持ちで号泣してしまった。チャットモンチーの歌ではないが、「私が神様だったら、こんな世界は作らなかった」と言いたくなるひどい現実の数々の中で、娘さんの可愛さが救いのように光る。おすすめ。

2020/12/10

感想・レビューをもっと見る