読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

遺品博物館 (創元クライム・クラブ)

遺品博物館 (創元クライム・クラブ)

遺品博物館 (創元クライム・クラブ)

作家
太田忠司
出版社
東京創元社
発売日
2020-06-12
ISBN
9784488025632
amazonで購入する Kindle版を購入する

遺品博物館 (創元クライム・クラブ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

「その遺品にどんな物語があるか」遺品博物館の学芸員・吉田・T・吉夫が蒐集するにあたって語る選考基準。もう胡散臭くてならないのだが、8話からなる連作短編・・最後まで読んじゃった。タイトルから想像したのとはちょいと違ったが、そこには人の欲・愛憎・悲哀・・生存中には伝えられなかった思いが死して切々と迫る。だが、8話は食傷気味にも感じたのが正直なところ。子供の話は切ないなぁ。それにしても吉田学芸員のTが気になる。続編もあるってことか?私なら何を納めるのだろう・・

2020/07/16

ちょろこ

様々な余韻、の一冊。遺品を収蔵するという遺品博物館。その学芸員 吉田・T・吉夫が手がける八つの物語。ドキッとしたり、ザラッとしたり、時にせつなくなったり、その後を想像したくなったりと…どれもこれも様々な余韻を味わえるそんな短編集だった。この吉田さん、容赦なく心の内に切り込む、謎を炙り出していく、そして時折 死者や遺族の心に寄り添う…と、切れ者かつミステリアスな雰囲気で気になるキャラ。「空に金魚を泳がせる」が一番せつなく心に残った。遺品の数だけドラマがあることを改めて感じる。章タイトルも表紙もお気に入り。

2020/08/02

よつば

「川の様子を見に行く」「ふたりの秘密のために」「燃やしても過去は消えない」「不器用なダンスを踊ろう」「何かを集めずにはいられない」「空に金魚を泳がせる」「時を戻す魔法」「大切なものは人それぞれ」8話収録の連作短編集。遺品博物館の学芸員で『吉田・T・吉夫』と名乗る人物が其々の家庭に遺品蒐集に現れ死者の背景を炙り出すミステリー。悲しい物語をイメージしていたがどの短編にも生者の毒が散りばめられていてピリリとした雰囲気。会話中心の文章は読みやすく吉田と遺族のやり取りが脳内映像に浮かぶ。新鮮なミステリーを堪能した。

2020/07/05

ままこ 🍁

フルネームも謎めいた学芸員の吉田。故人の遺言により遺品を一品だけ収集し博物館に収蔵する。選定基準は生前の物語が感じられる物。遺品に込められた想いから隠された真実が浮かび上がる連作ミステリ。「ふたりの秘密のために」がよかった。

2020/09/24

さっちゃん

八編からなる連作短編集。故人の希望により遺品を収蔵する遺品博物館がある。遺品を選定するのは学芸員の吉田・T・吉夫。遺品は、金銭的価値の有無ではなく、故人に関わる物語を重視して選定される。不思議な設定ながらもぐいぐい引き込まれた。「川の様子を見に行く」のみ既読。事件の真相を暴いたり、故人と残された人の思いを繋いだりしながら、故人の人生の物語を追っていく。切なくて柔らかで温かな読後感で、早くも続きが読みたい。

2020/08/02

感想・レビューをもっと見る