読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

知りすぎた男 (創元推理文庫)

知りすぎた男 (創元推理文庫)

知りすぎた男 (創元推理文庫)

作家
G・K・チェスタトン
南條竹則
出版社
東京創元社
発売日
2020-05-09
ISBN
9784488110208
amazonで購入する Kindle版を購入する

知りすぎた男 (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kircheis

★★★☆☆ チェスタトンと言えばブラウン神父が有名だが、実はそれ以外にもかなり面白い短編が沢山あり、本作もその一つ。 得意の逆説的ロジックはやや控えめだが、その分割と正統派のミステリになっていると感じた。 特に好きなのは読後の余韻が大きい『釣師のこだわり』。 ラストを飾る『彫像の復讐』も、話の構成がクリスティやクイーンの某作品に通ずるものがあって味わい深かった。

2020/11/04

Tetchy

“知りすぎた男”ホーン・フィッシャー。彼は知りすぎているがゆえに自分の知らないことに興味を覚える。本書はそれまでのチェスタトン作品と比べるとミステリとしては簡単な部類に入るだろう。しかし真相に隠された犯人の真意やフィッシャーの意図は深みに溢れている。彼は知りすぎたがゆえに大局が見えたが、それを伝えるには時間がなかった。知りすぎたがゆえに自ら行動せざるを得なかった。そして周囲は彼の理解力に追いつかなかったゆえに彼の真意が解らなかった。ホーン・フィッシャー。彼はチェスタトン作品の中で最も哀しい探偵であった。

2021/01/14

cinos

ちょっと読みにくいですが、それでも逆説と推理の面白さは抜群です。「少年の心」の伏線とか、「一家の馬鹿息子」の意外性とか、最終話の決着の付け方とか、さすがチェスタートンです。

2020/06/27

星落秋風五丈原

金髪白皙で背が高く痩せていて鼻も高いが、年齢の割に額は禿げている。一見年齢不詳に思える彼の名はホーン・フィッシャー。さして人目を引く風貌ではないが、国の要職に就いている者とのコネクションが半端ない。これだけコネがあれば何にでもなれるが、生憎本人にギラギラした野心はなく淡々としている。志を持って議員に当選しているが、なぜか国会には一度も行っていない。ならば俗世への興味を失った所謂世捨て人なのか?だから「知りすぎた男」なのか。ワトソン役と主役の立場は真逆だが従来の探偵物語のカタルシスとは無縁である。

2020/05/23

Ribes triste

上流支配階級に生まれ、博覧強記の教養と華麗なる人脈を持つも表舞台に出ない男ホーン・フィッシャーの連作集。「知りすぎているがゆえに何も知らない」と言いながら、事件の謎に迫る姿勢はなかなか容赦ない。そして結末は苦い。若き日のホーンを描いた「一家の馬鹿息子」が好きです。チェスタトンはいいなあ。

2020/11/28

感想・レビューをもっと見る