読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

金融英語入門(第2版)

金融英語入門(第2版)

金融英語入門(第2版)

作家
柴田真一
出版社
東洋経済新報社
発売日
2011-01-07
ISBN
9784492654385
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

英語が社内公用語化しつつある今、
必要な入門書

銀行マンとして通算20年(ドイツ5年、ロンドン15年)の海外勤務を経験した著者による金融英語の入門書の改訂版。金融・経済の知識を身につけながら金融英語を習得できるのが特徴です。
初版刊行から6年が経過したため、内容や例文を一新。金融情勢の変化を踏まえて、ソブリンリスク、国際金融機関、金融規制といった新しいテーマも追加され、より充実した内容となっています。補章のビジネスに役立つ英文ビジネスeメールの書き方と豊富な文例集もグローバルに活躍するビジネスパーソンの強い味方です。

金融英語入門(第2版) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nekozuki

金融英語の本ではあるが、どちらかというと金融システムの解説に重きが置かれていて、キーワードが英語で説明されている感じ。日本語ベースなので抵抗感なく読める。内容も難しくないので、まさに入門。

2018/04/26

読人

単なる用語の解説に留まらず、株・債権・市場といった金融そのものをざっくりと説明しているので、金融知識の少ない読者向けには最適。よくこなれた感じがするのは著者が実務経験が豊富何だと思う。

2015/07/25

Co-bird

金融入門と金融英語の解説だが、どちらも中途半端になってしまっている気がする。ギリシャ問題など時事ネタを扱っているのは良い。

2012/03/30

かと

そこそこ良書。まだこの手の本の先駆けといった感じです。ざっと流し読みして必要な単語を拾いました。見やすいし悪くなかったです。

2017/08/23

感想・レビューをもっと見る