読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ランチタイムの経済学―日常生活の謎をやさしく解き明かす (日経ビジネス人文庫)

ランチタイムの経済学―日常生活の謎をやさしく解き明かす (日経ビジネス人文庫)

ランチタイムの経済学―日常生活の謎をやさしく解き明かす (日経ビジネス人文庫)

作家
スティーヴン ランズバーグ
佐和隆光
Steven E. Landsburg
吉田 利子
出版社
日本経済新聞社
発売日
2004-09
ISBN
9784532192488
amazonで購入する

ランチタイムの経済学―日常生活の謎をやさしく解き明かす (日経ビジネス人文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

うえ

「肝心なのは、人間の行動は何らかの目的の達成を目指していると仮定し、その目的が何なのかを洞察することだ。株主にとっては、重役といえども社員にすぎず、他の社員と同様に業績評価で尻を叩かねばならない…危険なプロジェクトをめぐる緊張を考えれば、重役の給与はなぜ高いのかという先の問いに対する答えが見つかるかもしれない。株主は重役にもっとリスクを冒してもらいたいと考えていることを想い起こしていただきたい。リスクを冒すことを励行する方法の一つは、もっと金持ちにしてやることである」

2016/08/21

Tohru Soma

物事をそうやって見ることができるんだと感心。 「人はインセンティブに反応する」という文はちゃんと覚えておくことにしよう。 ・どうして映画館のポップコーンは高いのか。→オーナーの独占化に置かれるか。と思った自分は・・・。

2015/10/31

五ロウ丸

アメリカ人の経済学者の本のためか、日本では考えにくいと思われる店もいくつかあった。読みにくくはあるが、面白い視点を与えてくれる。

2015/04/27

shinobon724

最終章の環境に関する話が、だいぶガッカリ。エコノミストってこんなことばかり考えているのか、と飛行機の中でショックを受けた。

2012/09/06

のぞみ

市場がうまく回るときには、これらは非常に有効な思考法、一般的観念に対する大きな批判になっている。再批判が若干甘い印象を受けたが、日常から離れた考え方に触れるという意味で有益。

2010/10/31

感想・レビューをもっと見る