読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

稲盛和夫のガキの自叙伝―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)

稲盛和夫のガキの自叙伝―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)

稲盛和夫のガキの自叙伝―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)

作家
稲盛和夫
出版社
日本経済新聞社
発売日
2004-09-01
ISBN
9784532192495
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

度重なる挫折にもめげず、人一倍の情熱と強い信念を持って京セラを世界的企業に育てた硬骨の経営者、稲盛和夫の自伝。「経営は利他の心で」「心を高める経営」という独特な哲学、そして忘れがたき数々のエピソードを熱く語る。

稲盛和夫のガキの自叙伝―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ジェンダー

この本を読んでみて書かれていることが全てではないけれど包み隠さずありのままに書かれているように思います。ここまで社員と同じ目線で毎日を過ごして行こうとはなかなか出来ないことではあるし、どんな苦しい状況でも、また救済を頼まれた企業でもリストラをしない。現代においてもそんな企業はないと思う。サラリーマン時代からフィロソフィーの基礎が出来ていたように思う。良い物というのは自分で思う以上に広まる物だと思いました。そして電話事業でも皆が良く知る大企業からも出資を受けやっていたのを始めて知りました。

2014/07/05

maimai

挫折まみれの青春時代、同期がみな辞めていく程のブラック企業。そんな中心を入れ替えて懸命に仕事に取り組んだところ全てがうまくいきはじめ、京セラ、KDDIを立ち上げるまでになった伝説の企業家である稲盛さんの話です。著者の考えでは置かれた場所に関係なく目の前のことに懸命に取り組めば必ず道が拓けるです。熱意と誠実さがあればいつでも人は立ち上がれるのですね。何歳になってもその心は大切にしたいです。

2016/05/16

D

稲盛和夫の自伝。独立の気概を持ち、自己の哲学をもって目的を完遂させる姿勢が強い人なのだと思った。何か一つの強い根幹が鋭いパワーを生む。

2015/01/04

Tadashi_N

技術だけではなく、出会いに恵まれることが、成功の理由。

2016/02/12

清作

京セラを世界的企業に育て上げた日本を代表する経営者の自伝。松下幸之助や本田宗一郎にも共通することだが貧乏で高学歴でもないという不利な立場から血が滲むような努力に次ぐ努力をし、私利私欲ではなく「世のため人のため」という信念を貫き通した末に成功を収めた大人物である。この本を読み、平成のベンチャー企業家の堀江氏には公のためという考えが足りなかったために挫折したのだなぁと思った。もともと新聞の連載ということもあり各節が短いので読み易い。稲盛氏の「フィロソフィー」を少しでも自分のものにしたいと思った。

2012/06/08

感想・レビューをもっと見る