読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔性 (PHP文芸文庫)

魔性 (PHP文芸文庫)

魔性 (PHP文芸文庫)

作家
明野照葉
出版社
PHP研究所
発売日
2019-09-07
ISBN
9784569769592
amazonで購入する Kindle版を購入する

「魔性 (PHP文芸文庫)」のおすすめレビュー

平凡な女性に起こった悲惨な転落劇。「すべてはあの男の魔性のせいでした…」

『魔性』(明野照葉/PHP研究所) 「理想の彼氏って、どんな人?」そう聞かれたら、多くの女性はやさしくて誠実で自分を大切にしてくれる人と答えるだろう。もしかしたら、それプラスお金もあればいうことなしと答える人もいるかもしれない。だが、どれだけ理想像を心の中に描いていても、どういうわけだか「惹かれてはいけない悪い男」に焦がれてしまうことがある。『魔性』(明野照葉/PHP研究所)は、そんな恋愛の怖さを改めて考えさせられるサスペンスだ。    コンピューターのアプリケーション会社でソフトの飛び込み販売をしている早川志穂子は、どこにでもいそうな平凡な女性。だが、生真面目な父への反抗心から既婚者の彼氏・西山と付き合い、元彼とはセフレのような関係を続け、奔放な関係を楽しんでいた。    そんな志穂子の運命を変えるきっかけとなったのは、飛び込み営業中に偶然親しくなったアポローニャ企画という会社。社員とも仲良くなった志穂子は彼らが昔、結成していたバンドのライブ映像を見せてもらい、そこに映っていたボーカルの永山晃というひとりの男性にくぎつけとなった。晃は永山特殊塗…

2019/12/22

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

魔性 (PHP文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まりまりこ

自由奔放なわがままお嬢の志穂子の恋愛物語は、ふ~~んって感じで面白くもなかったが、楢崎が関わって、晃が豹変して、転落していく過程や、逃げだすあたりはどきどきして面白く一気読み(私って、性格悪い?) 晃のどこがよいかわからない。スーツの裏地が鶴の刺繍って、いい年こいてヤンキーかい??と、思っちゃったし、女性を隷属させて、あれこれ指図して、言いなりにさせる男なんて、ハア??っって感じ。口のうまい、押しの強い男には、だまされる女って多いんだね。 でも、するする読めて、面白かったです。

2020/03/14

スエ

(どストライク。直球ど真ん中) 昔のバンドのDVDを見て、晃に一目惚れした志穂子。 それがまあ、ひどい男で。 ひと回り以上年上で、バツイチ。愛人多数。生活費もロクに入れないくせに束縛が凄いトンデモ男。話す言葉もなんだか芝居じみている。 とても魅力的で、一番楽しい時期を失ってしまった志穂子がひたすら哀れだ。

2020/03/02

えるもる

晃や楢橋のような人間には、出会いたくないなぁ。志穂子は、周りの人の忠告を、素直に聞いておくべきだと思った。ルカは、本当に良い人だ。茂雄の秘密が意外だった。

2020/03/18

りちゃ

プロローグとは、全く関係のない内容が続く。どうしようもない男に溺れ、転落していく女。プロローグに繋がったと思ったらもう終わり。何て物足りない。志穂子はどうでもよろしい...父の物語が読みたい。

2020/01/18

ひより

え、この男そんなに魅力ある?と思ったらそういうレビュー多くて笑った(笑)まあ人たらしっているから見た目だけじゃないとは思うけど。でも丸顔もハスキーボイスも好きじゃない私としてはちょっと…スーツの裏地がツルとかいやじゃない?ラストは都合良すぎでは?と思ったけれど、どんどん転落していく感じは怖かったしドキドキしながら読んだ。でもそもそも、転落が始まる前からコネ入社したところを不倫退社してる時点でちょっとこの子大丈夫かなって気持ちが…うーん

2020/02/11

感想・レビューをもっと見る