読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「失われた時を求めて」の完読を求めて 「スワン家の方へ」精読

「失われた時を求めて」の完読を求めて 「スワン家の方へ」精読

「失われた時を求めて」の完読を求めて 「スワン家の方へ」精読

作家
鹿島茂
出版社
PHP研究所
発売日
2019-08-23
ISBN
9784569772004
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

20世紀文学の金字塔である、マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』。ところが、その難解さと長大さゆえに、最後まで読むのは至難の業。途中で挫折した人は数知れず。そんな難攻不落の大傑作を制覇する道しるべとなるのが本書です。全7篇のうち、第1篇「スワン家の方へ」を丹念にひもときながら、全篇を読み通すヒントを紹介します。『失われた時を求めて』は当初「スワン家の方へ」のみで構成しようとプルーストは考えていました。そのため、この本を読めば、プルーストの狙いや読みどころなど、完読のために必要なポイントを知ることができます。「このくだりは退屈に感じてOK」「この描写には実はこんな意図がある」「こういう表現が出てきたら、注意深く読む」「これは伏線となる大事な箇所」など、大長編を読み通せる勘と基礎体力が身につくはず。また、有名な「紅茶とマドレーヌ」をはじめ、『失われた時を求めて』のハイライト・シーンが多数登場する「スワン家の方へ」によって、最終篇まで到達する弾みがつくのです。著者自身が大長編マニアにもかかわらず読み通せなかった経験を持つため、つまずきやすいポイントをおさえながら、完読へと導きます。原典からの引用は、すべて著者訳。「鹿島版プルースト」が楽しめる一冊でもあります。母親に「おやすみのキス」をねだる少年の苦悩、紅茶にひたしたマドレーヌがよみがえらせる記憶、19世紀末パリの華麗な社交界で繰り広げられる猜疑と嫉妬に満ちた恋――。挫折した人も、ゼロからの人も楽しめる、エキサイティングな読書体験! 世界的名著のエッセンスを味わえます。

「失われた時を求めて」の完読を求めて 「スワン家の方へ」精読 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

『失われた時を求めて』集英社文庫版とりあえず5巻まで、 『失われた時を求めて 全一冊』に続く、第三弾で本書を読みました。本書自体が途中で連載中止になり、完載出来ていません(笑) 但し、本書を読んで完読の意欲&興味が更に湧いてきたので、来年『光文社古典新訳文庫版 失われた時を求めて』完読プロジェクトを立ち上げたいと考えています。 https://www.kotensinyaku.jp/books/book110/

2019/10/18

ガットウ

★★★3.7点。もちろんマルセル-プルーストの『失われた時を求めて』は未読なのですが、 本書を読んで一生完読は無理と確信しました。

2019/10/04

パトラッシュ

10年以上前、集英社文庫版で「失われた時を求めて」を完読した。当時はひたすら文章を追うだけであったが、本書を手に取ると第一部「スワン家の方へ」の多くの場面を覚えていて驚いた。最初の退屈な部分をこらえて読み続けると、やがて他の文学作品にはない「時間」の描写に魅せられた。誰にでもある子供の頃に行った土地を再訪したり、なくした品が数十年ぶりに出てきて記憶が甦る経験を、プルーストの精細な筆に乗せられて何度も繰り返したのだ。そして今、ひとつひとつの文章の裏側に隠された意味を解説され追体験できたのは至高の時間だった。

2019/09/21

くらむ

海外の長編小説は好きでいろいろ読んでいたので、「失われた時を求めて」にも挑戦しようと、とりあえず文庫本2巻まで購入。しかし、いつの間にか読まなくなって1巻目であえなく挫折。「スワンの恋」は映画で鑑賞。これは、スワンがモテない男の典型みたいで面白かった。 で、鹿島先生の精読本。大学の講義を聴いているようで、とても面白い。普通に通読していただけでは、とても気づかないようなこともたくさん書いてあります。新訳もいろいろと出ているので、今度新ためて完読に挑戦してみたいですね。

2019/09/22

zakuro

本編を通しで読んでいた頃は、この超大作を読み通せるのかという怯えがあったので、文章を深く追えていなかったのだなとこの本を読んで思った。「スワンの恋」がこんなにももどかしい展開だったなんて。筆者による引用の翻訳部分がとても読みやすく、解説部分とのつながりが自然でよかった。ただ、通読を挫折した人の助けになるのかという点は甚だ疑問だ。だってこの本自体結構厚いよ。連載打ち切りでこの後の篇は無いとのことだが、別の媒体を見つけて続けて欲しいな。そして全篇「完出版」して欲しい、と完読は済ませた私は願う。

2019/11/10

感想・レビューをもっと見る