読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

少女は森からやってきた (わたしたちの本棚)

少女は森からやってきた (わたしたちの本棚)

少女は森からやってきた (わたしたちの本棚)

作家
小手鞠るい
出版社
PHP研究所
発売日
2019-01-08
ISBN
9784569788357
amazonで購入する Kindle版を購入する

少女は森からやってきた (わたしたちの本棚) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はる

内気で読書好きの美幸と、アメリカからやって来た転校生のエリカの友情物語。思ったよりあっさりとした内容ですが、それまで親しい友だちがいなかった美幸がエリカと仲良くなっていく展開は爽やか。エリカの容姿や考え方に惹きこまれてドキドキしてしまう美幸の気持ちはよく分かるなあ。終盤は少し驚くような出来事もありますが、ラストは素敵でした。

2019/04/28

keith

児童書です。教室に居場所がなく、いつも本の世界に逃げ込みひとりぼっちだった美幸。そんな中、アメリカから父がアメリカ人、母が日本人のエリカが転校してくる。エリカが美幸の名前を誉めるシーンはよかったな。せっかくなんで二人のドラマチックな再会のシーンも見たかった。

2019/03/09

レモン

こんな素敵な友達関係を小学生のうちに持てたら幸せだろうな。はなれていてもずっと友達。エリカとの思い出を童話にすることで自分も変わったと実感した美幸。こじかとカタツムリの友情はまだまだ続くね。清々しい児童書を読みながら、私には本当の友達がいるのだろうかと落ち込みました。

2019/02/12

Riri

美幸と、アメリカからの帰国子女・エリカの友情ストーリー。真逆な2人の友情が、詩的な表現によって美しく繊細に感じた。小学校時代のたった数ヶ月の交友が、大人になってもずっと続くなんて素敵。小学生時代の2人が眩しすぎて、思わず目頭が熱くなった。

2019/09/19

おーちゃんママ

美幸ちゃんが同業者になので、うれしいようなちょっと照れ臭いような感じでした。閉館間際のあの感じ、私も毎回同じような感じになります。(時々ふざけてやってくる楽しい仲間たちもいるので、「早く帰りなさい!」とイラつくこともありますが(;^_^A)ただ、この職業は食べていくにはまだまだ…な職なので、この本読んで「私も本が好きだから学校図書館の先生になりたいな~」と思う子がいたら、現実を知ってがっかりしないように、何とかならないものかと思ってしまいました。何の職業でもそうですが、海外に知り合いがいるといいですよね

2019/06/23

感想・レビューをもっと見る