読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

すべてがうまくいく

すべてがうまくいく

すべてがうまくいく

作家
松下幸之助
PHP研究所
出版社
PHP研究所
発売日
2016-09-10
ISBN
9784569831992
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「素直な心になりましょう。素直な心はあなたを強く正しく聡明にいたします」月刊誌『PHP』に掲載されているこの言葉は、「経営の神様」と言われる松下幸之助がたどりついた「真理」ともいえる言葉です。幸之助は、「素直な心」とは「何物にもとらわれることなく、物事の真実をみる心」と定義していました。「素直な心」になれば、物事の実相を理解することができる。そして広い寛容の心をもって、他人の言葉にも耳を傾けるようになる。したがって、お互いの利害が対立する状況であっても、一人ひとりが、何が正しくて、何をなすべきかを把握し、それに基づいて判断、行動するところから、常に好ましい関係が保たれるようになる。「素直」こそが、人生成功のカギを握る「心」であると考えていたのです。本書は、60冊に及ぶ著作や様々な発言の中から「素直な心」に関するエッセンスを抽出し、まとめられた一冊です。松下幸之助の原点がここにある。

すべてがうまくいく / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

えいなえいな

最近は仕事でやたらと本を読めと言われ、課題図書なんかをいろいろ出されるのですが、普段から読んでいる身としては読書の順番を乱され迷惑な話でしかありません。それはそれとして松下さんの著書はいずれ読もうと思っていたので会社の研修を機会にいろいろ読んでみることにしました。というわけで初松下幸之助なんですが、総集編だったようで明らかに読む順番を間違えました。素直な心は大切だと思いますし書かれていることは素晴らしいことばかりなんですが、一冊の書物として読むには偏りすぎでした。いろいろ著作を読んでから戻ってきたいです。

2016/10/28

ぼっちゃん

素直な心とは従順で正直であるということでなく、漢字で表すと「忠」のように一筋に真ん中を貫く心、かたよらぬ心が大事ということのよう。

2016/10/16

おさと

素直じゃないと言われ育った私。表現を押さえ込まれていた。それを素直に開放できるようになったら、たしかにうまくいっている。さらりと読めるのでもう一度じっくり。

2019/01/01

momo

「すべてのものは、一瞬の間も静止していない。昨日の是も今日の非となる」柔軟な考え方を持って生きたいものである。

2018/01/09

r_ngsw

「素直な心」をテーマに松下幸之助の種々の著作からのコンピレーション。そのため多少語り口がバラバラ、と前置きされているが、まったく気にならないですね。まぁそれはありがたいお言葉がたくさん並んでおります。「素直」、大事。

2016/12/26

感想・レビューをもっと見る