読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

滑稽・人情・艶笑・怪談…… [愛蔵版]古典落語100席

滑稽・人情・艶笑・怪談…… [愛蔵版]古典落語100席

滑稽・人情・艶笑・怪談…… [愛蔵版]古典落語100席

作家
立川志の輔
PHP研究所
出版社
PHP研究所
発売日
2018-09-20
ISBN
9784569841489
amazonで購入する

滑稽・人情・艶笑・怪談…… [愛蔵版]古典落語100席 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のりオバ(戻りました)

いわゆる短編の集まりで、100話からなっていますが、私はあらためて、短編にはもはや頭がついていかないのだと思い知った作品です。その噺自体は、全て面白かったです。

2019/06/16

じゅん

志の輔さんのコメント共に、100席楽しみました♪ 最近は、鈴本を思いながら生配信を楽しむことを教えてもらいました!

2020/04/27

prefabjubilo

”温故知新”昔の人は季節の「旬」をだいじにしたものです。花鳥風月を忘れた人間はパサついています。 若い衆にもらって、ぼちぼち読んで、ようやく読み終わりました。

2019/12/21

kaz

著名な噺ばかりで、大半は既知のもの。全く知らなかったのは「蚊いくさ」と「怪談乳房榎」の後段くらい。あとは「樟脳玉」の記憶がかなり怪しくなっていたのを自覚した。「寄り合い酒」は自分が知っている形とはだいぶ異なるが、各流派ごとに違いがあるらしい。解説欄は、落語に対する知識を補う点で有益。

2019/03/17

感想・レビューをもっと見る