読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

学校では教えてくれない世界史の授業

学校では教えてくれない世界史の授業

学校では教えてくれない世界史の授業

作家
佐藤賢一
出版社
PHP研究所
発売日
2018-09-22
ISBN
9784569841533
amazonで購入する Kindle版を購入する

学校では教えてくれない世界史の授業 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HMax

「~なんですね。」が多すぎなんですね!今までの世界史は完全に西の目で学んでいたんですね。ギリシアの有名なサラミス海戦と300、いずれもペルシアを何とか追い払った戦いだったんですね。フランスの波に乗ったるカールマルテル(732年)、パリと目と鼻の先のトゥール・ポワティエでの戦いもイスラムからの防衛線ですね。イスラム・ペルシアは偉大なユニバースだったのに矮小化されて教えられていたんですね。文章は鼻につきますが、小ネタ満載。クレオパトラが実はギリシア系でカエサル・アントニウスとギリシア語で話していた。

2019/04/13

hk

「アメリカ大陸侵略はレコンキスタ後の失業対策」「ルネッサンスの本質はアジアへのキャッチアップ(表立って先進国アジアへの追随と書くのは癪である。そこで過去の欧州にギリシャやローマという優れた文明があり、そこに回帰しようとしたら楽々とアジアを凌駕できたという物語化=ルネッサンス)」「明治維新の段階において日本はシナ、インド、ロシア、オーストリア、フランスに次ぐ第六位の人口大国■これが植民地化されなかった大きなファクター」「古代ローマは滅んでいない~後世の歴史家による印象操作~」などなど各論では読みどころあり。

2019/01/11

イトノコ

西洋歴史小説の第一人者、佐藤賢一氏による世界史。世界へ拡大する意思、帝国のシステム、一神教の3つの要素を備えた文化圏をユニヴァースと定義し、西、東、イスラムの3つのユニヴァースの関わりから世界史を読み解く。やや強引、粗い箇所はあるが、この骨格に細かい事件を当てはめれば理解が進みそう。「西世界のキリスト教、東世界のギリシア正教がそれぞれ民主主義・資本主義と共産主義に入れ替わった」「建国後のアメリカ、維新後の日本は西世界に自然に加わった」「戦後の中国は世界へ拡大する意思を得て東世界に加わった」のくだりは納得。

2018/11/02

クサバナリスト

世界を三つの世界に分けて歴史を語る。国や大陸等の限られた地域に分けず、世界がいかに分断されずに繋がりながら歴史が流れていったかが分かり、面白い考察である。

2018/11/08

りー

欧州寄りの歴史観です。欧州から見ると、このように整理できるのか、と思いながら読みました。①西ローマの流れ=「西」世界。カトリック→資本主義、②東ローマの流れ=「東」世界。正教→共産主義、③ペルシアの流れ=イスラム世界。大きくこの3つに分けて世界史の流れを見ていきます。ただし中国史を枠外に置いていて、モンゴル進攻は欧州から見るとアクシデント扱い。ユーラシア遊牧民の流れを追うと、また違った世界史像が見えそうです。しかし、脳内整理は少しできた感じ。世界史図説どこ見りゃ良いの!?からの脱却を目指したいです。

2018/12/30

感想・レビューをもっと見る