読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

パパ

パパ

パパ

作家
岡部えつ
出版社
双葉社
発売日
2016-01-20
ISBN
9784575239409
amazonで購入する Kindle版を購入する

パパ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

風眠

「小さな哀しみを重ね、小さな女の子のまま、世界に絶望してゆく。」帯の惹句がミンミの全てを言い表している。気ままで非常識なお嬢様。でもそれは両親の愛を得られなかった女の子の成れの果て。ミンミが望むようにしておけば社会不適合も治ると思い込み、お金を与えているだけで安心している両親。そんなミンミと出会った奈子。ミンミの育ちを知るほどに、放っておけないという感情と、山で死んだ父親への思慕が奈子の中で複雑に交差する。望んでも得られないのに「いつか」を期待してしまう。心だけが立ち止まったまま、時だけが容赦なく流れて。

2016/05/13

ちょき

いい小説だと思うのだが、この人気のなさは何故だろう。父性というけっこう難しい題材を2人の対照的な女性の友人関係を軸に、女性作家ならではの視点で取り扱った作品。恐らくミンミの少女時代と思わせるジャケットのせいだろうか?もっと評価されていいと思う。

2016/04/05

keith

奈子は会社を辞め、ニューヨークに短期留学し、遠山美波(ミンミ)と出会う。ミンミとルームシェアすることとなった奈子だが、気分屋のミンミに振り回されてしまう。父を山で失った過去を持つ奈子、両親が離婚したため父と疎遠になってしまったミンミ、そんな二人の父性についての想いがテーマなんだろうけど、どうもわかりにくかったです。

2016/06/15

らむり

ミンミはいい子

2016/06/11

ととこ

初読み作家さん。新聞広告で気になって読んでみました。読み始めこそ奈子とミンミの出会いからどんな物語が始まるのか期待しましたが、ダラダラ続く二人の関係と生き方に感心できず、特に後半の奈子の節操のなさはいただけなかった。ラストも何これって感じで読了。

2016/07/30

感想・レビューをもっと見る