読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

中村好文 小さな家の物語

中村好文 小さな家の物語

中村好文 小さな家の物語

作家
雨宮秀也
中村好文
出版社
平凡社
発売日
2019-07-29
ISBN
9784582544657
amazonで購入する

中村好文 小さな家の物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

つくえくん

小さなシンプルな住みやすい家。家は人との出会いが大切だ。住む人が家を自分の家にしていく。いくら設計がよくても、住む人がその家を愛していなければ家にならない。

2019/10/05

ponnnakano

軽快に見せたい階段のササラ桁から段板が飛び出ているのを感じさせないための納まりとか、竹簾フェンスとRCを面一に近づけるための鋼管の納まりに、なるほど〜と。こういう工夫の積み重ねで心地よさが磨かれるのね。そりゃそうだ。オープンキッチンのシンクとレンジの位置の話は、宮脇さんと好文さんのキャラの違いが端的に表れていて笑った。壁に穴、を突き詰めると妹島さんの梅林の家みたいに鉄板が正解な気もするが、この家のように壁に厚みがあってそこに引込戸や照明を仕込むほうが、無理も無く、一石三鳥な感じで好みです。行ってみたいな。

2019/11/20

感想・レビューをもっと見る