読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

中村好文 百戦錬磨の台所 vol.2

中村好文 百戦錬磨の台所 vol.2

中村好文 百戦錬磨の台所 vol.2

作家
中村好文
出版社
学芸出版社
発売日
2021-11-06
ISBN
9784761527983
amazonで購入する

中村好文 百戦錬磨の台所 vol.2 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ponnnakano

「なつあきの家」のモルタルカウンター、とても良い。割れちゃうんじゃないかと心配したけど大丈夫そうでひと安心。「大磯の住まい」満面の笑みで勝手口方面から鰤を持ってくる好文さんが絵になる(笑)。このマンションはサービスベランダがキッチン横にあるのも良いですね。で、どの家もキッチン自体の良さもさることながら、ダイニングやその周りとの関係がよくてご飯が美味しく食べられそうでいいなぁ。「Cliff House」カウンターの現場カットは職人さん大変だったろうけど完成後の良き姿を見たら報われたんじゃないかと思いました。

2022/03/08

こめまり!

載せられている写真が大きく、細部まで見れるのがとても良かった。どのお家も素敵やけど、中村さん家の海と富士山が見えるテラスが最高に羨ましい限りです!

2022/04/05

Koki Miyachi

建築家中村好文が、設計してきた住宅の台所を紹介。住宅の中では割と地味な空間でありながら依頼主のこだわりや様々な機能や実用性が必要なので、設計や家具製作では難易度が高く苦労が多く設計者の腕が問われる。シェーカー教徒からの影響を受けた建築家の考え方はとてもナチュラルで、とても好感が持てる。実際に台所やダイニングが使われていて、クライアントも建築家も写っている写真が多く興味深い。インタビューや図面、台所廻りの詳細図もj豊富で設計資料としても素晴らしい。

2022/03/12

あきこ

vol.1に続き熟読。もう細かな細工や心遣いがたまらんのだ。料理が好きで料理道具や器、間取りなどもう興味深々である。今回は気になっていた大磯の住まいもあり大満足。私も老後はこんなふうに小さな家で自然を感じて、美味しいものを食べて暮らしたいものだ。とても贅沢な空間なのに豪華でないところが大好きである。

2022/02/05

感想・レビューをもっと見る