読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

東京日記6 さよなら、ながいくん。

東京日記6 さよなら、ながいくん。

東京日記6 さよなら、ながいくん。

作家
川上弘美
出版社
平凡社
発売日
2021-03-24
ISBN
9784582838626
amazonで購入する Kindle版を購入する

東京日記6 さよなら、ながいくん。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

fwhd8325

以前は、ほんとうが7割だったけれどこの著作ではほとんどがほんとうのことだそうです。驚きです。そう言われてみれば、だんだん現実感が増しているように思います。東京日記は楽しみにしているシリーズです。ずっと続いてほしいです。どこかで、川上さんのネタになれるよう願っています。

2021/04/24

pohcho

WEB平凡連載のエッセイ。パラパラと読んだことはあったけど、一冊通してちゃんと読んだのは初めて。いきなり飲尿の話で驚き。芥川賞選考員どんな会話をされているのか(笑)「ながいくん」は何かと思ったら(笑)海外旅行に持って行く人はまずいないよね。冷蔵庫の話が可愛かった「ズズ」。ゆるゆると淡くて、日記なのに川上さんの小説みたいで楽しいエッセイだった。連載二十年とはすごい。これからも楽しみ。

2021/05/10

kei302

Webで(忘れた頃)更新される『東京日記 http://webheibon.jp/blog/tokyo/ 』の何年か分をまとめた本。川上さんの日記です。こんかいは、『さよなら、ながいくん』心の姉貴T樹さんの話はインパクト大で覚えているけど、ながいくんを思い出せません。爬虫類系の生き物? など、予想しながら読む。予想の斜め上をゆく川上的発想語録でした。まさかまさか…笑いました。門馬則雄さんのイラスト、味わい深いです。『東京日記』20周年だそうで、末永く続いてほしいです。

2021/04/07

ぐうぐう

当初から川上弘美は、この日記には本当でないことが混じっていると告白してきた。本当のことが七割くらいと作者が言っていた割合が、この6巻においてはほぼほぼ本当のことになってきたとあとがきで明かしている。とはいえ川上弘美の周囲には、おかしなことが起こっていて、ニヤニヤしながらページをめくることとなる。例えば……と、日記内のおかしな出来事をここに列挙しようとしたものの、ピックアップしたエピソードがほぼほぼ本当のこと以外のごくごく少ない本当でないことだったとしたらと考えると、例に挙げるのを躊躇ってしまう。(つづく)

2021/04/06

タピオカ

「東京日記」6冊目(2016年4月〜2019年3月)不思議を発見したり、決意したり、内省したり、祈ったり、たくさん飲んだり、ちょっと泣いたりの日々にクスッとしたり共感したり楽しかった。何だか自分の日記も書き方が似てきた。

2021/05/23

感想・レビューをもっと見る