KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カワセミ都市トーキョー: 「幻の鳥」はなぜ高級住宅街で暮らすのか (1049;1049) (平凡社新書 1049)

カワセミ都市トーキョー: 「幻の鳥」はなぜ高級住宅街で暮らすのか (1049;1049) (平凡社新書 1049)

カワセミ都市トーキョー: 「幻の鳥」はなぜ高級住宅街で暮らすのか (1049;1049) (平凡社新書 1049)

作家
柳瀬博一
出版社
平凡社
発売日
2024-01-17
ISBN
9784582860498
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

カワセミ都市トーキョー: 「幻の鳥」はなぜ高級住宅街で暮らすのか (1049;1049) (平凡社新書 1049) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

榊原 香織

都心にカワセミが帰ってきたのは1980年代。 高級住宅街に住んでるのは、湧き水があるから(昔のお屋敷町)

2024/04/25

はるわか

1950年代後半から80年代にかけて高度成長に伴う公害と家庭排水によってカワセミは東京都心からいったん姿を消した。2023年現在カワセミは東京に戻ってきている。都心のあちこちに。カワセミが暮らす街は東京屈指の高級住宅街ばかり。カワセミと人間は同じ地形が大好き。その地形とは湧水がつくった小流域源流の谷である。東京の台地エリアには湧水がつくった谷地形が無数にある。地下水が豊富な武蔵野台地の特徴。川が台地を削り、崖ができる。その崖から湧水があふれる。さらに谷を刻み、新しい小流域を形成し、都市河川の支流となる。

2024/02/27

とりもり

基本的には著者のカワセミ観察日記。一度河川の汚染で「幻の鳥」になって、その後都心に回帰してきていることはカワセミ好きなら周知の事実。コンクリート水抜き穴を営巣に活用していることも先行研究あり(まさかのサーヤ…)。カワセミの営みはとてもカワイイけど、「高級住宅街で暮らす」はちょっと言い過ぎでは。都市型の河川をもう少し自然に近づけて、より水辺を満喫できるような都市計画を推進して、その景色にカワセミが溶け込むような未来を期待したい。廃棄された自転車にとまっているカワセミはあまり見たくないな。★★★☆☆

2024/04/23

かめ

コロナ禍でままならなくなった外出。それで自分の身近な自然に目を向けた著者の方の根気強い観察と調査には頭が下がります。東京のカワセミ、その生息地が東京の一等地と言われる場所が多く含まれていること。開発にかからず、貴重な自然が残されていることもその原因でしょうか。これからも残しておきたいですね。

2024/06/20

takao

ふむ

2024/06/17

感想・レビューをもっと見る