読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

漁撈伝承(ぎょろうでんしょう) (ものと人間の文化史)

漁撈伝承(ぎょろうでんしょう) (ものと人間の文化史)

漁撈伝承(ぎょろうでんしょう) (ものと人間の文化史)

作家
川島秀一
出版社
法政大学出版局
発売日
2003-01-01
ISBN
9784588210914
amazonで購入する

漁撈伝承(ぎょろうでんしょう) (ものと人間の文化史) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

各地の漁村をまわり、漁師から地道に聞き取り続けたフィールドワーク。おなじみえびす様にブラタモリでも取り上げられていた失せもの絵馬、船幽霊にオオオ…ってなったのが千葉の漁師は冬でも全裸で男性器にわらしべを結びつけ、そうすれば性器も見えることがないという暗黙の了解があったというやつ。千葉はまだあったかいかもしれないけど、寄港地の気仙沼で冬に全裸じゃ寒いっしょ…。

2019/09/01

はおう

日本は海洋国家とも言うけれど、漁民の習俗は田の神山の神と交わるところがないように感じた。オフナダマ様が女性だとか献饌とか似ている点もあるようだが…

2014/08/16

めぐみ

知らなかったことが色々書いてあって面白かった!カシキについての話が特に興味深かった。

2013/09/09

Hideki Ando

全国の浜をめぐり、数々の伝承を集めた労作。特に失せもの絵馬などは新たな知見であった。

2010/01/08

Quijimna

東日本大震災の被災土蔵の棟札調査で出あった「雛箱」や「治められたひな人形や毛髪」の謎を知りたくて手に取った1冊。私の疑問に応えてくれた。★★★★☆

2012/05/11

感想・レビューをもっと見る