読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

わたしはあなたをあいしています (絵本の時間)

わたしはあなたをあいしています (絵本の時間)

わたしはあなたをあいしています (絵本の時間)

作家
宮西達也
出版社
ポプラ社
発売日
2007-06-01
ISBN
9784591098011
amazonで購入する

ジャンル

わたしはあなたをあいしています (絵本の時間) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

恐竜世界で比喩する異文化交流や哲学。言葉が通じ合っても敵対する関係と言葉が通じなくても気持ちが伝わる素直な関係。しかしそこに厳しい弱肉強食を絡め、ガマンを強いられながら持ち前の優しさを出さずにはいられない、宮西作品ではおなじみのティラノサウルスが、やっぱりとても魅力的だ。コミュニケーションには大切な言葉だけど、それ以前に何が必要かってことをわかりやすく教えてくれる。でも心温まってそのあと哀しくなる作品。動物社会は厳しいね。

2014/06/03

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

コミュニケーションの難しさを描いた哀しい物語。ティラノサウルスが暮らす谷に雪が舞い落ちて、食べ物を探すために遠い森まで旅をします。そこで出会ったのは、言葉が通じない三匹の小さな恐竜、ホマロケファレ。言葉が通じなくても、彼らは少しずつ心を通じ合わせられるようになります。それでもティラノは、三匹に言葉を教えました。覚えられたのは「ウマイ、ウマイ、ウマイ」「ムシャムシャムシャ」「ナカヨクシヨウ」の三つだけ。でも、それが悲劇を生みます。ある意味で、言葉は道具です。言葉=道具を使って何を伝えるかは、本当に難しい。

2014/09/10

しいたけ

深すぎて、重すぎて、悲しすぎて、ホントまいる。言葉は必要なかったはず。大事なことは、全部こころに乗せて届いていたはず。だからこそラストがつらかった。

2016/04/25

めしいらず

国境だとか言語だとかを軽々と越えて人と人の心は通じ合える。互いを理解しようという気持ちだけあれば十分だ。人を好きになる悦び。しかしそれは悲しみの種をも増やすことと同じ。それはいつでも表裏一体だから。愛を知らずに均された感情の中で生きるのか。愛を知って浮き沈みしながら悲喜交々に生きるのか。それが問題だ。

2019/10/12

chikara

子供に読んであげたけど、ちょっと長くて飽きられてしまいました。感動するけど、悲しいお話でした。

2015/06/28

感想・レビューをもっと見る