読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

もう一度、プロ野球選手になる。

もう一度、プロ野球選手になる。

もう一度、プロ野球選手になる。

作家
新庄剛志
出版社
ポプラ社
発売日
2020-06-15
ISBN
9784591166642
amazonで購入する Kindle版を購入する

「もう一度、プロ野球選手になる。」の関連記事

新庄剛志が語る衝撃の「プロ野球現役復帰宣言」の真相とは?

『もう一度、プロ野球選手になる。』(新庄剛志/ポプラ社)

 多くのファンに惜しまれながら引退した元プロ野球選手・新庄剛志が、またしても“伝説”を作り出そうとしている──。衝撃的な「現役復帰宣言」の真相について語った『もう一度、プロ野球選手になる。』が、2020年6月15日(月)に発売された。

 新庄は1990年~2000年にかけて阪神タイガースで活躍したのち、2001年にはニューヨーク・メッツに移籍してメジャーリーグに挑戦。その後も北海道日本ハムファイターズを日本シリーズ優勝に導くなど、数々の輝かしい功績を残してきた“スーパースター”だ。

 現役引退後の新庄は、2010年頃からインドネシア・バリ島に移住し悠々自適の生活を送っていた。しかし昨年11月、突如として自身のインスタグラムにて「今日からトレーニングを始めて、もう一回、プロ野球選手になろうと思います」と“現役復帰”を宣言。無謀とも見える47歳からのチャレンジに、ネット上では「コロナで暗い世の中だからこそ現役復帰を果たして、諦めなければできる!という希望と勇気を与えてほしい」「最近全くプロ野球を見な…

2020/6/26

全文を読む

関連記事をもっと見る

もう一度、プロ野球選手になる。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Y2K☮

現役時代から薄々わかっていたが、この人は天然でも宇宙人でもない。準備を大事にするし、野球に関してもかなり細かく考えている(特に守備面)。パフォーマンスをする際も事前にやっていいタイミングを探り、周囲への根回しをしていた。努力を人に見せない天真爛漫な努力家。ノムさんや島野コーチなどの頑固な年長者に好かれ、森本みたいな気難しい後輩にも慕われた理由がわかる。メジャー時代のボンズとのエピソードを読んで棚橋弘至みたいな「ギバー」だと思った。目立ちたい人だけど利己主義ではない。むしろ与えて喜ばせたい人。監督は適任だ。

2021/11/11

どんたこす

もう一度、プロ野球選手になることはできたのだろうか?どんなワクワクする物語があったのだろうか…という部分を読みたかったのだが、残念ながら先に読んだ「わいたこら」の加筆増強版といった印象。壮絶なる努力と計算の人、新庄剛志。長嶋茂雄という本物のスーパーヒーローとの比較・考察が腑落ち。

2021/03/19

anken99

昨年、果敢にもトライアウトにチャレンジした新庄の著作。この本が書かれたあとに、トライアウトがあったわけだが。。。いろいろなパフォーマンスが注目されがちだが、実はものすごく考えて行動している「プロ」なんだと思う。現役時代のエピソード、とくに日ハム時代の他の選手とのかかわり方は、そうだったのかと驚くこともあった。次はいったい何をやるのか、目が離せない人物でもある。

2021/06/06

てつや

すごいポジティブな良いことがたくさん書いてあって、憧れというより羨ましいなぁ〜って思うことがたくさんありました。 個人的には、今度は監督になって色んな発想の野球をし、プロ野球を色んな角度から観れのを楽しみにしてます。 ただただ思うのは、もう一度プロ野球選手になってほしかった‥。

2021/02/22

よみよし

言っていることは至極全う。こんな監督が贔屓のチームを率いてくれて嬉しい。今はさんざん叩かれてるけど、これまでかそうだったようにいつか爆勝街道に進み世間の手のひらくるーを楽しみにしてる。

2022/05/01

感想・レビューをもっと見る