読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

星の王子さま (ポプラキミノベル さ 1-1)

星の王子さま (ポプラキミノベル さ 1-1)

星の王子さま (ポプラキミノベル さ 1-1)

作家
サン=テグジュペリ
加藤かおり
矢部太郎
出版社
ポプラ社
発売日
2021-06-16
ISBN
9784591170397
amazonで購入する Kindle版を購入する

星の王子さま (ポプラキミノベル さ 1-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

麦茶

星の王子さまミュージアムに行きたいので、娘に1回読んで欲しくて購入。星の王子さま自体は何年ぶりの何回目の再読だろ?たくさんのことを教えてくれる王子さまが、矢部さんの絵で可愛らしく読みやすく生まれ変わっていた。子供が初めて読むならこの本はわかりやすいし可愛いいしいいと思う。

nonicchi

この本は、読めば読むほど、年をとればとるほど内容が沁みてきます。矢部さんのかわいいイラストでより世界に入り込めました。心が洗われました。

2021/07/25

Ayumi Shimojoh

☆5 初めて読んだ。子どもの頃はたいくつでわからなくて、読めなかった、名作たち。これからでも、いくつ読めるだろうか。

2021/07/26

kuragemaru

 矢部さんの絵は素敵です。素朴で優しくて、少し寂しい。文句をつけようがない星の王子さまです。新訳も悪くないですし、初めて「星の王子さま」を手にした子ども(&大人)には、これがベストになるのかもしれません。でも! オールドファンからしてみると、あえてサン=テグジュペリの絵を外した理由がわからないのです。バージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』や佐野洋子の『100万回生きたねこ』のように、『星の王子さま』も絵本もしくは絵物語として受け入れられてきたのではないでしょうか? 

2021/06/24

感想・レビューをもっと見る