読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

信長の忍び 19 (ヤングアニマルコミックス)

信長の忍び 19 (ヤングアニマルコミックス)

信長の忍び 19 (ヤングアニマルコミックス)

作家
重野なおき
出版社
白泉社
発売日
2022-07-29
ISBN
9784592161196
amazonで購入する Kindle版を購入する

信長の忍び 19 (ヤングアニマルコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

alleine05

第1次天正伊賀の乱、荒木村重の鎮圧、本能寺との決着、といろいろあった巻だった。村重の最後は他の作品でも読んだことあるけど、やはり納得しづらいなー。これだけ犠牲者を出しまくったのに当の本人は……って。本能寺との決着もこれだけ長きにわたる因縁のわりには、最終的にはわりと良好な関係にたどりついているってのにはびっくり。そしてどんどんたまっていく光秀の本能寺ゲージ。そりゃこんな厳しい上司のもとでずっとやっていくってのはきついよね……と共感できてしまうのがつらい。

2022/08/06

金目

とうとう始まった第1次天正伊賀の乱(忍びの国で見た奴だ)は、本当の惨劇は第2次の方と示されて一旦幕。軍師官兵衛の方でがっつりやった有岡落城はあっさり目だけど、光秀の何らかのカウントが進んでるのが怖い。10年続いた石山本願寺の戦いも決着。三位殿やえい、だしら、女の戦いも熱い。佐久間信盛の追放は残当なんだけど、影響は大きい。そして、これも光秀のカウントを進める方に行っちゃったんかなぁという。秀吉と再会が叶わないということが示され、いよいよ本能寺が迫ってますなぁ

2022/08/10

YS-56

戦国の世に信じられるものは何か。これも100年戦い続けた歪みなんでしょうかね…。

2022/07/30

メガ猫親父

作者様も石山合戦には思い入れがあったんですね。いい締めでした。本能寺への道。これから少しずつ表現が多くなってきますでしょうか。

2022/08/05

Tea Chayama

本能寺までのカウントダウン始まっちゃったなあ

2022/08/02

感想・レビューをもっと見る