読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

勇気あるものより散れ 1 (ヤングアニマルコミックス)

勇気あるものより散れ 1 (ヤングアニマルコミックス)

勇気あるものより散れ 1 (ヤングアニマルコミックス)

作家
相田裕
出版社
白泉社
発売日
2021-08-27
ISBN
9784592166818
amazonで購入する Kindle版を購入する

勇気あるものより散れ 1 (ヤングアニマルコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「主が下僕に詫びてどうする?さあ命じてくれ!」「私の為に・・・戦ってください」「心得て候」。明治七年(1874)、東京府。死に損なった会津藩士の鬼生田春安。死に場所を求めての大久保利通への襲撃は「半隠(はたかく)る化野民(あだしののたみ)」の美少女・九皐シノにより阻まれる。瀕死の彼を自身の「眷属」とした彼女は、自らの母殺しの為に仕える様に命じるが・・・。「ガンスリンガーガール」作者の新作を「1518」未読のままに手に取る。「無限の住人」と「るろうに剣心」を混ぜた様なファンタジーかな?(以下コメ欄に余談)。

2021/09/04

Ex libris 毒餃子

ガンスリの正統的後継漫画。設定は八十八先生の『不死の猟犬』みたいだなあ、という印象。結構、一気に話が進んだので、今後の展開が気になります。すぐ終わるのかな?

2021/08/31

YS-56

人はパンのみに生きるにあらず。己が信じるもののために。

2021/08/28

alleine05

微妙。まず絵が微妙。『GUNSLINGER GIRL』後期→『1518! イチゴーイチハチ!』とこの作者の絵はずいぶん変わってきたけど、今回も試行錯誤してのことか前作の『1518』よりも変わっているのだけど、目が細くカクカクした描かれ方になっていて違和感が。それでいて顔のまわりは線の重なりが無くなりなんだかのっぺりした印象。あと6話目の扉絵の登場人物の等身とか菖蒲の胸の大きさとかもバランスおかしい気が。ストーリーの方は幕末から明治に移り変わったころの事情をよく調べているとは思うけど、不死身っぽい一族に

2021/09/05

毎日が日曜日

★★★★

2021/08/29

感想・レビューをもっと見る