読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ミセス・マーメイド 1 (花とゆめCOMICS)

ミセス・マーメイド 1 (花とゆめCOMICS)

ミセス・マーメイド 1 (花とゆめCOMICS)

作家
高尾滋
出版社
白泉社
発売日
2019-08-20
ISBN
9784592227168
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ミセス・マーメイド 1 (花とゆめCOMICS)」の関連記事

「なんかドキドキするな…」“未亡人人魚姫の恋”を描く高尾滋の新作『ミセス・マーメイド』が話題!

『ミセス・マーメイド』1巻(高尾滋/白泉社)

 2019年8月20日(火)、大人気WEBコミック誌「花ゆめAi」発のコミックスとして『ミセス・マーメイド』(白泉社)の第1巻が発売された。『ゴールデン・デイズ』や『マダム・プティ』といった人気作を手掛けた漫画家・高尾滋が描く“未亡人人魚姫の恋”という新しい物語は、手に取った人から「未亡人の恋愛か。なんかドキドキするな…」「相変わらず高尾先生の世界観は素敵。続きがめちゃくちゃ気になります」と好評を博しているようだ。

 舞台は人魚伝説が残る港町。結婚して出て行った初恋の女の子・海果が5年ぶりに帰ってきた。彼女の幼なじみである男子3人のうちの1人・波平歩美も、少し前からこの町で便利屋を営んでいる。フランス人の母を持つ歩美は、小さい頃は自分の容姿にコンプレックスを抱えていた。

「日本人の顔になりたい」「泳げるようになりたい」と泣きながら願う歩美に、海果は「泣くことないじゃない」「あなたの目も髪も夕日を照り返す波頭みたいにきれいだし、泳ぎは海果が教えてあげる」と声をかける。海果の足には消えないあざがあり、いつしか…

2019/9/13

全文を読む

関連記事をもっと見る

ミセス・マーメイド 1 (花とゆめCOMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

るぴん

レンタル。前作と同じ未亡人だけど、今度はマダムではなくミセス。人魚かもしれない女の子…じゃなくて、本当に人魚だったことに驚く。『マダム・プティ』とは違って、思いっきりファンタジーなんだなぁ。まだまだ序盤だけど、出てくる男達が皆イケメン‼︎

2020/01/20

みかん@道北民

高尾さんの新作は初恋もので未亡人ものでしかも人魚!?美しい絵が純粋な気持ちを更に引き立てて描いてます。2番目の恋の相手になれるかな?

2019/08/29

人魚姫、読んだことあるけどしっかり覚えてないな。恋模様、気になる!

2019/09/20

うさぎや

本当に人魚だった。2度目の恋はあるのか……?

2019/08/23

らいう

絵が一段と美しくなっている……

2019/08/30

感想・レビューをもっと見る