読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

食材を使い切るのがおもしろくなる本 (扶桑社文庫)

食材を使い切るのがおもしろくなる本 (扶桑社文庫)

食材を使い切るのがおもしろくなる本 (扶桑社文庫)

作家
青木敦子
出版社
扶桑社
発売日
2009-10-29
ISBN
9784594060794
amazonで購入する Kindle版を購入する

食材を使い切るのがおもしろくなる本 (扶桑社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みんと

食材を使いきるという高いハードルを越えられそうな気がした。 今までは、どうしても腐らせてしまったり、気が付けば乾燥してガビガビになっていたりとけっこう無駄にしてしまっていたが、保存法や目からうろこの新メニューで楽しく実践できそうである。 面白かったのが、ヨーグルト&味噌、食パン&残ったビールで作るぬか床。 しけってしまった海苔と生クリームで作るパスタソース。 塩味のカップラーメン&リンゴジャム。 ビールを入れて炊く大人ごはん等々。 機会があったらやってみよう。

2011/07/08

みとと50

そうなんだ~とは思ったけれど、自分にできるかな。つい、この手の本買ってしまうのよね。意外な組み合わせとか面白かったけれど、、、、自分がんばろう。

2013/02/25

為になる話も多かったけど、使いきる以前に買ったこともない素材も結構あった。

yukimono

☆3

2010/12/24

らりくま

食材を腐らせないよう頑張らねば。目からうろこな組み合わせが結構乗ってておもしろかったです。

2018/01/27

感想・レビューをもっと見る