読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

エーメショートセレクション 壁抜け男 (世界ショートセレクション)

エーメショートセレクション 壁抜け男 (世界ショートセレクション)

エーメショートセレクション 壁抜け男 (世界ショートセレクション)

作家
ヨシタケシンスケ
MarcelAym´e
マルセル・エーメ
平岡 敦
出版社
理論社
発売日
2019-12-18
ISBN
9784652203354
amazonで購入する

エーメショートセレクション 壁抜け男 (世界ショートセレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

マルセル・エーメという名前は聞いたことがありますが作品は本格的には読んだ覚えがありません。ただ最後のこの本の表題ともなっている「壁抜け男」はアンソロジーで読んだことがありました。この本には6つの作品が収められていますが皮肉やエスプリが効いているものがいくつかあり楽しめました。またSF的なはなしもあります。

2020/02/16

keroppi

【去れ、コロナウイルス!奇妙な味海外読書会’20】「壁抜け男」というタイトルから「怪奇大作戦」を思い出してしまうが、こちらは冴えない中年男の悲哀。その他の作品どれも奇妙な味がして、読後、心がざわついてしまう。子供たちの心に寄り添う前半の作品も好きだし、庶民の不思議な体験を描いた後半の作品も好き。特に、時間のずれを旅する「政令」がいいなぁ。

2020/04/25

びぃごろ

「諺・工場・七里のブーツ・執行官・政令・壁抜け男」六つのの短編の扉にはヨシタケシンスケのイラスト、いい味出してます。諺が笑えた。壁抜けの能力があったなら…想像すると楽しい。

2020/07/03

ムーミン2号

たっぷりと効いた皮肉に思わずニヤリとする「諺」や「壁抜け男」、SFチックな「政令」はパラレルワールド物でもあり、幼い女の子がタイムトラベルで哀しい経験をしてしまう「工場」、情けは人の為ならずの「執行官」、そして貧しいけどお互いを思いやっている母と子を温かく描いた「七里のブーツ」の全部で6篇が収められている。エーメさんて、面白い。

2020/01/04

ekoeko

劇団四季を観て購入した早川書房版が途中で投げ出したまま本棚のどこかにあるはずの「壁抜け男」。このシリーズはヨシタケシンスケさんのイラストも素敵なので読みやすい。「諺」のジャコタン氏が甥を庇う73歳のジュリー伯母さんに吐く暴言(いつか子供ができたら好き勝手やらせばいい)が本当に許せないし腹立たしい。「工場」イボリットの手を取り願うしかできないヴァレリーの気持ちが切なすぎて悲しい。

2020/04/03

感想・レビューをもっと見る