読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スープのささやき―ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫)

スープのささやき―ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫)

スープのささやき―ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫)

作家
有間カオル
出版社
角川春樹事務所
発売日
2015-09-01
ISBN
9784758439435
amazonで購入する

スープのささやき―ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

シリーズ2作目!今回はどれもが食べたくなる料理で、レシピもありますので自分で作りたくなりますね(^-^)物語の方は、今回は千花の出番は少なめですが、初登場のバネッサが強烈!物語にインパクトを与えてから、残り2篇はほっこり、優しさ、淡さ、切なさをすごく引き出され、涙腺が緩みました(T_T)誰もが主人公の今回は個人的には好きですね(^^)そして、人にもオススメできるシリーズ作品だと思ってます(^-^)BGMには、なんとなく岡村孝子がいいかな(^^;)

2017/05/02

はつばあば

夕方のTVで釜ヶ崎も海外からの旅行客誘致で綺麗になったと。山谷のゲストハウスも昔は、日本というブラック企業の生贄の場。酔っぱらってばかりいるオーナーの優しさと寂しさを味わえた五皿目。四皿目にもウルっと。東南アジア・・といってもタイやネパールのような貧しい国からの留学生をもっと私達は優しい目で、ビッグマムのような温かい対応が出来るといいのだけれど・・。裕福な日本と云われるけれど・・本当に幸せなのは貧しい国の人々。家族との繋がりが、地域との繋がりが、隣国のようにギスギスしだしている

2016/12/23

じょんじょん

ゲストハウスわすれな荘の続編です。1巻目主人公の千花ちゃんも少し落ち着き、続編は わすれな荘メンバーのエピソードも描かれます。ざらついた日常に心が疲れたときに、ほっこりストーリーで癒されるのはいかがでしょうか。心のこもったお料理は、身体も心も癒します。素直で正直な千花ちゃん、とても好き。それにしてもビッグマムは どこまでも暖かくて深い。そんなお友達が欲しいです。最後のオーナーのストーリーは随分とテイスト違い。せつなく哀しい叙情に包まれた一品でした。

2016/12/08

ぽぽ♪

今回は千花メインではなく、わすれな荘のゲストやオーナーの話でした。ゲストキャラのバネッサの翔太へのアピールが凄まじかった!日本人にはないバイタリティですね。ガスパチョとか美味しそうでした。ラストのオーナーの話にはしんみりしてしまいました。

2015/11/02

はな

図書館本。1巻目とちょっとテイストが変わっている感じ。前3話は翔太に恋するバネッサ中心で恋に燃える感じが青春という感じでいい。振舞われていた料理も美味しそうでした。後半2話はしんみりとする話で家族と離れて過ごす留学生の家の味に、自分自身も学生時代一人暮らしの時を思い出した。4話目は昔の情勢も絡んでいてほろ苦いオーナーの子どもの時の回想で、何とも言えない気持ちになった。料理がどの話にも心に残る形であったので、より記憶にも残るのかなと思いました。

2016/12/01

感想・レビューをもっと見る