読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

博物戦艦アンヴェイル (ハルキ文庫)

博物戦艦アンヴェイル (ハルキ文庫)

博物戦艦アンヴェイル (ハルキ文庫)

作家
小川一水
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-02-15
ISBN
9784758443203
amazonで購入する

博物戦艦アンヴェイル (ハルキ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

信兵衛

作者の小川一水さん、さぞ楽しくこの物語を書いたのだろうなぁと強く感じます。

2020/02/26

ちょび太郎

船と外洋を巡るお話。探し物を目指している間がワクワクするよねと思う。後書きを読んで、たった10年でジェンダー感が変わるかしら?と思ったのが一番印象に残ってる。感想らしきものが思いつかない本だな。

2020/08/09

ひさか

2010年3月朝日ノベルズ刊のものを改稿して、2020年2月ハルキ文庫刊。シリーズ1作目。ドタバタコメディな異世界海洋冒険ファンタジー。うまくまとまっています。次がどう続くかが楽しみです。

2020/08/17

ワッキー提督

序盤のセクハラ描写は今の小川先生絶対書かなさそうだなと思ったが、あとがきでまさにそこに触れていた。10年あると作家も全然変わる…。内容は非常に面白かったですが、やや「無難」すぎる気もしました。もう少し世界が明らかになると一気に面白くなりそうでもありますが。

2020/02/23

ユキタ

図書館。海洋冒険ファンタジーで、400ページに満たないにも関わらず重厚な読みごたえだった。慣れない海洋用語のせいもあるかもだけど、躍動感があって面白かった。キャラクターは、当初は足を引っ張る役どころかと思っていたのが意外と頼もしかったアルが好きだな。

2021/04/15

感想・レビューをもっと見る