読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

胎動 熱血一刀流(二) (時代小説文庫)

胎動 熱血一刀流(二) (時代小説文庫)

胎動 熱血一刀流(二) (時代小説文庫)

作家
岡本さとる
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-04-15
ISBN
9784758443319
amazonで購入する

胎動 熱血一刀流(二) (時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やま

熱血一刀流2作目  2020.04発行。字の大きさは…小。 奥平家10万石で150石を食む剣術指南役・中西忠太は、自身の一刀流中西道場の門弟6人と織りなす人情剣術噺。 此度は、直心影流の総帥・長沼四郎左衛門が営む長沼道場で使用している剣術防具の面、小手を借り受けこれに工夫を凝らして、中西道場で実践的な稽古を始めます。そして、長沼道場の秀英・藤川弥司郎衛門と仕合をして中西道場の門弟が全敗します。 次回の対戦が楽しみになってきます。→

2020/07/07

とし

熱血一刀流「胎動」2巻。前巻で中西道場破門させられた、安川市之助さん、中西道場のに再入門出来そうですね二度は無いよ頑張れ、中西道場の門人達は優しく思いやりがありますね。

2020/09/05

ドナルド@灯れ松明の火

流石岡本さん、いよいよ道場メンバが本格的に始動。新陰流との練習も出来、自分たちの力のなさを再認識した4名は稽古をさらに強化する。市之助が道場に戻って来た。話がどんどん心地よい進展。次作の小野派道場との若手仕合が楽しみである。 お薦め

2020/10/01

ニッキー

このシリーズは、若鷹武芸帖よりは面白い。熱血教師のラグビーが剣道に変わったようだ。 なかなか、次の面白い新シリーズが出ない中で、これは期待出来そうです。 一膳飯屋つたやの女将お辰と忠太、志乃と忠蔵とがどうなるか楽しみです。

2020/08/02

犀門

No.122★★★☆☆まだまだ序章ですな。

2020/10/05

感想・レビューをもっと見る