読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

焼肉で勝負! 食堂のおばちゃん(10) (ハルキ文庫)

焼肉で勝負! 食堂のおばちゃん(10) (ハルキ文庫)

焼肉で勝負! 食堂のおばちゃん(10) (ハルキ文庫)

作家
山口恵以子
出版社
角川春樹事務所
発売日
2021-07-15
ISBN
9784758444231
amazonで購入する

焼肉で勝負! 食堂のおばちゃん(10) (ハルキ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

いやあ、なんか物騒な事件もありましたし、いけ好かない男も二人ほど登場するし、世の中、いいことばかりではないというのを思い知らされました。二三さんの同級生が新たに登場して、はじめ食堂は、さらににぎやかになったね。相変わらずの常連さん達、とくに康平と瑠美もいつかゴールインしてほしいね。じれったいわ。いろいろあったけど、はじめ食堂に行けば美味しい料理に美味しいお酒。飲んだことあるお酒がでると、思わずニンマリ。でもパクチーと梅だけは勘弁してくれ~。今作も、リアルにはじめ食堂に行きたくなりました。

2021/07/17

みち

今回も食べたいものだらけ。いつも我が家のご飯にヒントをくれる。早速冷やし茄子うどんを真似っこさせてもらいました。早くコロナが終息して、美味しいお酒とお料理を食べに行きたいな。

2021/07/31

オスカー

第一話は発達障害と偏食について。好き嫌いという概念ではなく恐怖感や不安感。アレルギーもワガママと言う人もいるくらいだから大変だと思う。金属製の食器の口に当たる冷たい感覚がイヤっていうのはなんとなくわかる。時事ネタが織り込まれているこのシリーズ、コロナは過去になっている。現実もこうあって欲しい。わたなべまさこさんの『ガラスの城』が出てきたのは懐かしかった。一子さん、だんだん身体がきつくなっているのではと心配。長生きしてもらいたい。

2021/07/29

きあら

今やシリーズも10作目。二三のアメリカ在住の同級生、はなに対するストーカー、瑠美の元カレと幾つかの小さな出来事を挟みながら短編が繋がっていくけど、 発達障害児への料理教室が印象的だった。食べられない物に対しては単なる好き嫌いではなく、味や食感の感じ方、そしてそれを感じる感性による場合があるのはちょっとした気付きだった。

2021/07/29

縞子

大好きなシリーズ最新刊。あー、お腹がすく!!鶏塩うどんにプルコギ、塩レモンパスタ、焼肉、おばちゃんのおにぎり…食べたいものだらけ!(夏休み3冊目)

2021/07/27

感想・レビューをもっと見る