読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

今日もお疲れさま パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-16)

今日もお疲れさま パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-16)

今日もお疲れさま パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-16)

作家
群ようこ
出版社
角川春樹事務所
発売日
2021-08-10
ISBN
9784758444309
amazonで購入する

今日もお疲れさま パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-16) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

したっぱ店員

まさにちょっと一服する感じで読めるシリーズ。今回もほのぼののネコ描写の間にパン屋さんの激務の話のような苦みがいい塩梅。やっぱり少しシオちゃんかわいそうになってくるけど、貫くのがそれでこそしまちゃん。あーこのお店に行きたい。

2022/01/06

kinshirinshi

シリーズ第五弾。ドラマチックなことなど何もなくても、人生は喜びと悲しみに充ちている。「誰も悪くなくても、辛いことをいわなくちゃならない」日もあれば、ささやかなプレゼントに心を弾ませる日もある。二匹の猫と充足した暮らしを送るアキコもいいが、個人的には喫茶店のママさんの株がどんどん上がっている。前作ではバイトの女の子の理不尽さを許容する懐の深さを見せ、今回は「インスタ映え」狙いで来る若い客に一杯一杯丁寧にコーヒーを挿れ、写真に写されても恥ずかしくないようにと店をきれいに保つ。最後のダイヤの逸話も素敵だ。

2022/03/02

クキモン

シリーズ5作目。アキコの異母兄弟の和尚さんが亡くなったり、仕入れ先のパン屋さんが高齢で廃業したりと、アキコの周辺も変わりつつありますが、相変わらず、ろんとたいの2匹の猫は可愛い。温かいスープとパンと人の優しさに癒されました。次作も楽しみです。

2021/09/10

Maa

またアキコさんとしまちゃんの様子が見られて嬉しかったです。しまちゃん不器用で素直になれなくて可愛い。どすこい兄弟もさらに太ったんだろうなぁ(笑)パン屋さんの所は胸が痛みました。これからは終わり方や年齢に抗えないときのことも考えていかなくてはなりませんよね、何事も。また続編希望です。

2021/10/26

れーこ

真面目に正直に生きる人々のほっこりするお話。不器用だけど温かい…。 穏やかなストーリーはホッとするけど読了に日にちがかかる。

2021/10/13

感想・レビューをもっと見る