読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

中村好文 百戦錬磨の台所 vol.1

中村好文 百戦錬磨の台所 vol.1

中村好文 百戦錬磨の台所 vol.1

作家
中村好文
出版社
学芸出版社
発売日
2020-10-15
ISBN
9784761527532
amazonで購入する

中村好文 百戦錬磨の台所 vol.1 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

先日「線と管のない家」に感動した建築家さんが、今度はダンチュウに「美しく散乱する台所」を掲げて登場し、もう恋に落ちてしまいました。自分がいいなあ、と思う要素がたくさん入っていて、とても簡素なのに料理好きならうっとりしてしまう工夫だらけの台所。なあに、あの素敵な米びつ。わあ、このまな板のアイデアはいいなあ、小屋の生活は自分の理想だな…。よだれを垂らしながら見ました。でも、齢90以上のうちの長屋がボロボロだけど好きです。…まかないランチの本も早く読みたいな。

2021/06/15

チョビ

なんとアトリエの昼飯はお弟子さんと一緒に作るというベテラン建築家の今まで実際に設計してきた台所の一覧。…カップマルタンのようなおうち(というか、別荘?)があったが、やはりベット兼務のソファというのはなにかしら犠牲を伴うということを発見。

2020/11/25

ponnnakano

中村好文さんの設計したキッチンは、どれも使いやすそうで住まい手が楽しそうに料理に集中できている様子が伝わって来て素晴らしいなと思いました。キッチンメーカーの生活感のないシャレオツなキッチンと違って、モノが多少並んでいても様になると言うか、むしろそれがいいと伝えてくれる写真も良いです。まさに百戦錬磨の台所。あと、作業台が食器棚から出て来たり、踏み台がスルスルっと出て来たり、の工夫も実用だけでなくユーモラスな感じもして楽しい。ガラスの家のキッチンには全く注目したことがなかったので、意外な工夫に驚きました。

2021/02/10

感想・レビューをもっと見る