読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

十二番目の天使

十二番目の天使

十二番目の天使

作家
オグ・マンディーノ
坂本貢一
出版社
求龍堂
発売日
2018-10-25
ISBN
9784763018274
amazonで購入する

「十二番目の天使」のおすすめレビュー

井上芳雄主演で舞台化決定! 94万部突破のベストセラー『十二番目の天使』が読み継がれる理由とは?

『十二番目の天使』(オグ・マンディーノ:著、坂本貢一:訳/求龍堂)

 思いもよらぬ理不尽や悲劇が身にふりかかったとき、「自分の何が悪かったのだろう」と責める人は多い。それは幸運に恵まれたときの「日頃の行いがいいからだ」という精神の裏がえしなのだが、実際、幸も不幸も一人の心がけで呼び寄せられるものではない。様々な人生が折り重なって、渦潮のように発生した運命の流れに巻き込まれた結果であることが大半だ。

 だが、だからこそ、立ち直ることができない。なぜこんな目に遭わなくてはいけないのか、人はどうすれば絶望から人はどうすれば浮かび上がることができるのだろう……。それを教えてくれるのが『十二番目の天使』(オグ・マンディーノ:著、坂本貢一:訳/求龍堂)。3月に井上芳雄主演で舞台化されることの決まった本作は、2001年の刊行以来読み継がれ、94万部を突破しているベストセラー小説である。

 ビジネスで大成功をおさめた主人公のジョン・ハーディングは、愛する妻と息子に恵まれ、帰ってきた地元では英雄としてもてはやされる成功者。だが突然の事故で妻子を失い、絶望のあまり自ら命…

2019/2/10

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

十二番目の天使 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kei Ogiso

最愛の家族を失って、生きる気力を無くした主人公が、少年野球で「12番目の天使」ティモシーに出会い、小さな体で諦めずに懸命に頑張る姿に心を動かされる。意外な結末とか無い、ストレートな話だけど、それが優しくて良い。主人公が色々な物を見るたびに、無くした家族の思い出に心を痛める姿が、自分の経験とダブって(泣)。それだけに自分も「絶対あきらめない!」気持ちを持ちたいと思う。

2019/01/03

きゆう

妻と息子を失い人生のどん底の主人公はリトルリーグの監督を依頼されて、野球のできない一人の少年と出会う。そのティモシー・ノーブルの絶対にあきらめない生き方と、その姿を見た周囲の人々が変化していくところが良い。「毎日、毎日、あらゆる面で、僕はどんどん良くなっている!」「あきらめるな!あきらめるな!絶対、絶対、あきらめるな!」この二つのフレーズを忘れたくないと思った。たとえ今上手くいかなくても心のあり方でいくらでも良くなれる。そう元気づけられる。

2019/10/22

SHIN

本書で元気だった妻子が突然の事故死をしたとき、どうやって真実を受入れ、立直っていくのかを知る。 通常、目標・夢やペットで癒されるだろうが、私は〝人の支え〟しかないと考えている。

2021/06/12

きゆう

【再読】辛い時に前向きに生きる勇気をくれる小説です。生きる目的を失った主人公のどん底状態から少しずつ立ち直っていく過程や、主人公に影響を与える、ある少年のあきらめない生き方が、きっと前向きに立ち上がる勇気をくれます。

2021/05/12

ヒナ

この本を、わたしが初めて読んだのは10年以上も前の学生の頃だった気がします。それから長い時間が経っても忘れることのなかった1冊が、文庫として本屋さんに並んでいたので思わず手に取り読了。どんな話なのか、結末がどうなるのか。わかっていて読んでいるからなのか、ティモシーの「あきらめるな!」の声に何度も涙が出て来そうになりました。家にあるハードカバーの本を引っ張り出して来て、並べて置いておこうと思います。

2018/12/03

感想・レビューをもっと見る